一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

子供の肥満予防 親以外の保健指導者の介入も必要

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導

 子供のいる家庭では、親が食事について関心をもっていても、子供の肥満予防にはつながらないという研究が発表された。多くの親は子供の運動不足には十分に関心をもっておらず、「保健専門家の介入が必要だ」と研究者は指摘している。

 この研究は、米ジョンズ・ホプキンズ大学子供センターとフロリダ州の小児科病院によって行なわれた。150人の未就学児童の家庭を対象とした調査では、健康的な体重および過体重の未就学児童の親の多くは、小児肥満症を促進する原因が食事にあることに気がついているという。

 研究者らは、子供の体重コントロールを達成するためには、親の自覚だけでは十分でなく、小児科医が子供の毎日の生活習慣に関する適切な知識にもとづくガイダンスによって親を支援する必要があると結論している。

親の大半は認知していない「子供の運動不足」
 研究は、未就学児童の肥満の原因をどれだけ親が認知しており、肥満予防のために必要な食生活と現実とのギャップがあるかを調べる目的で行われた。医学誌「journal Clinical Pediatrics(臨床小児科学)」に4月11日付けで発表された。

 「学齢期の子供や十代の若者の肥満予防は注目されている。肥満につながる生活習慣は子供の頃からはじまっている。最近の調査では、2歳頃から過体重がはじまると報告された」とジョンズ・ホプキンス大学小児科のRaquel Hernandez氏は話す。

 米疾病管理予防センターは、体格指数(BMI)から子供の過体重を算出するほか、性別や年齢などから算出した肥満度の上位15%を過体重としている。最近の調査では3分の1が過体重で、都市部の低収入のアフリカ系アメリカ人の家庭では90%以上が過体重と報告された。

 「小児肥満症は、複雑な因子が多重にからまる問題だ。親が子供の食生活や栄養摂取に注意していないことが要因とみられていたが、今回の研究では原因はそれだけではないことがあきらかになった」とHernandez氏は話す。

 研究チームは、標準体重の子供と肥満の子供のそれぞれの家庭を比較し、小児肥満症の障壁を取り除くために親がどけだけよく理解しているかを調べたが、両グループには大きな違いがないという結果になった。それどころか、肥満の重大な危険因子のひとつは「運動不足」だが、両グループで理解は不十分であることが分かった。

 両グループのほぼ40%は不健康な食事が子供の肥満の原因となることを理解し、子供の肥満の要因が食事であることを認識している割合も35%と33%と差がなかった。子供のしつけに食事を使っているのは23%と31%で、食事ですべてを食べるように子供に言っているのは25%と23%だった。

 一方、運動不足が危険因子であることを十分に理解していたのは、子供が標準体重のグループの7%、子供が過体重のグループの8%で、運動に対する理解が足りていない現状が浮き彫りになった。

 最近の調査によると、活発な運動を行っていない未就学児童は増えている。85%の時間を運動しないで安静にすごしているという。「子供の発育には十分に活発な運動が必要だ。子供が運動を行っているかを親が知っておくことが、子供の肥満予防の観点から必要だ」とジョンズ・ホプキンズ大学子供センターのJanet Serwint氏は話す。

 「子供が年齢に合った身体活動や運動を行うことは重要だ。それを促すための教育や研究が必要とされている。小児科医や保健指導者はもっと家庭を訪問し、子供の生活についてアドバイスした方が良いかもしれない」と強調している。

 一般に両親は子どもの育児において祖父母など他の人の手を借りることも多い。これら両親以外の人から肥満につながる危険因子を指摘してもらうことも重要だと指摘している。

Parent diet choice knowledge doesn't prevent child obesity

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典