一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

夏の異常気象 気温が1度上昇すると死亡リスクが増加 米研究

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導

 異常気象による夏の高温化は、慢性疾患をもつ高齢者にとって大きな負担になる。米国では記録的な温暖化が続き、今年の3〜4月には多くの地域で過去最高を記録した。日本でも今年の夏は猛暑が予想されている。
気温が1度上昇すると死亡率が2.8〜4.0%上昇
 糖尿病や心筋梗塞など慢性疾患のある患者にとって、夏の高温は大きな影響をもたらすという研究が発表された。気温が1度上昇しただけでも、高齢者の平均寿命を短くし、年間に数千人もの死亡を引き起こすおそれがあるという。

 これまでに熱波の短期の影響を調べた研究は発表されているが、今回の研究は気候変動が平均寿命にもたらす長期的な影響を検討したものだ。米国科学アカデミーが発行する科学誌「Proceedings of the National Academy of Sciences」に4月9日付けで発表された。

 「異常気象による高温化が健康にもたらす影響はよく分かっていなかったが、今回の研究で夏温度中の日差変動が熱波と関係なく平均寿命を短くすることがあきらかになった」とハーバード大学公衆衛生大学院のAntonella Zanobetti氏(環境医療)は話す。

 近年、各地で異常気象が観測されており、世界的に気温は上昇している。特に米国の中部大西洋地域、フランス、スペイン、イタリアのような中緯度の地域で夏期の異常な高温化が報告されている。こうした不安定な気候変動は、医療や健康においても深刻な結果をもたらすおそれがあるという。

 熱波による短期の高温化により熱中症が増えることはかねてより知られていることだが、研究者らは「異常気象が長期化すると、気温の上昇が小さな温度差にとどまったとしても、糖尿病、心不全、慢性肺疾患、心臓発作の既往のある高齢患者で、死亡率が上昇する可能性がある」と指摘する。

高齢者の暑さ対策が緊急の課題に
 研究チームは、米国の公的医療保険制度であるメディケアに加入している、135都市に在住する65歳以上の男女370万人の慢性疾患に関する1985〜2006年の長期データを解析した。夏の高温化や冬の温度変化、オゾンレベルといった比較が可能な環境因子についても調査した。

 その結果、夏に高温化し温度変化が大きくなると、各都市で死亡率が上昇する傾向があることが分かった。夏の気候に異変があらわれ温度が1度上昇すると、高齢者では慢性疾患による死亡率が2.8〜4.0%上昇するという。死亡の危険率は、糖尿病をもっている人では4.0%、心臓発作の既往歴のある人では3.8%、慢性肺疾患のある人では3.7%、心不全のある人では2.8%、それぞれ上昇した。

 米国で夏に異常な温度上昇が起きた場合、死亡数は年間1万人以上も増加する計算になるという。一方で、緑地を備えもった都市では、死亡リスクは1〜2%低いことも分かった。熱さ対策が重要であることを裏付ける結果になった。

 夏の高温化の影響は、特に高齢者や慢性疾患のをもつ患者で、高温化への適応が難しいために深刻だ。「体には環境に適応する能力が備わっている。平均気温が高いと、それに合わせて体の体温を調整する機能が働く。そのため、平均気温の高い都市で死亡率がより上昇するという結果にはならない。例えば、ミネアポリスでよりも気温の高いマイアミでは死亡率は高くならない」とJoel Schwartz氏(環境疫学)は話す。

 「しかし、異常気象で気候が急激な変動し、気温が急激に上昇した場合は、体は変化に追いついていけなくなる。糖尿病などの慢性疾患をもつ人では、特にその傾向が強い。高齢者と糖尿病の人口は急増している。気候と慢性疾患に関連は、今後は大きな問題になる可能性がある」と指摘している。

 この研究は、米国環境保護局と国立環境健康科学研究所による資金提供を受けて行われた。

Summer Temperature Variability May Increase Mortality Risk for Elderly with Chronic Disease(ハーバード大学公衆衛生大学院 2012年4月9日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年06月22日
アブラナ科野菜は「台所のドクター」 心疾患、脳卒中、がんのリスクを低下
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年03月05日
PCSK9阻害薬の適正使用フローチャート 動脈硬化学会が見解を表明

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月03日
米国糖尿病学会などが心筋梗塞・脳卒中の予防キャンペーンを開始
2018年11月14日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年10月26日
2型糖尿病患者の3人に2人に「心血管疾患」のリスク 130ヵ国を調査
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典