一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

慢性腎臓病(CKD)をビデオで啓発 検査を受けて予防

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 糖尿病 CKD(慢性腎臓病) 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 CKD啓発動画研究会は慢性腎臓病(CKD)を啓発するビデオを制作した。

 慢性腎臓病(CKD)は、慢性的な腎臓の機能低下が長期にわたり進行している状態をさす。透析の危険性を高めるだけでなく、心筋梗塞や脳卒中などの危険因子でもある。日本での推定患者数は1300万人超、有病率は8人に1人に相当し、新たな‘国民病’として注目されつつある。
CKDは早期発見すればこわくない
 CKDは年々増加しているものの認知度は低い。自治医大学腎臓内科の安藤康宏教授らは、昨年3月に横浜と宇都宮でそれぞれ300人前後に街頭アンケート調査を実施した。得られたのは「メタボ」という言葉の単純認知度が90%前後に対して、「CKD」という言葉の単純認知度は4%というショッキングな結果だった。

 そこで、安藤教授らがよびかけ、腎臓専門医らと2011年9月「CKD啓発動画研究会」を設立、早期発見などを訴える動画をつくりインターネット上で配信を始めた。パソコンや携帯電話、スマートホンなどで気軽に見ることができる。

CKD啓発動画研究会が制作した啓発ビデオ
画面をクリックすると再生が開始されます

「あなたもCKD?」(くちびる編)

気づかない病気、CKD(かんたん解説編)

動画をご覧になるためにAdobe Flash Playerというソフトが必要です。Adobe Flash Playerは無料で配布されています。
 同研究会は広くアプローチできる動画に着目し、CKDを解説したビデオ「あなたもCKD?」と「気づかない病気、CKD」を製作。若者中心に人気の動画サイト「ユーチューブ」で公開した。それぞれ2分ほどで、高血圧や高血糖、高コレステロールなどに警鐘を鳴らし、定期検診の必要性を訴える。

 安藤教授は「有病率は40代から増えていくが、10〜20代から認知しておくと、将来の発症予防や治療につながる。若い世代にも広く知ってほしい」と期待をこめる。

検査で早期発見・治療すれば腎不全を予防できる
 慢性腎臓病(CKD)は、高血圧や糖尿病、メタボリックシンドロームと関連が深い病気だ。腎臓は体を正常な状態に保つ重要な役割を担っているため、腎臓の機能が低下し続けることで、さまざまなリスクが発生する。

 腎臓病は初期には自覚症状がほとんどないが、腎臓が一度悪くなってしまうと自然に治ることはなく、適正な治療を行わないと、どんどん進行するおそれがある。そのため医療機関を受診し、定期的に検査を受けることが重要になる。

 できるだけ早いうちに発見して治療を行うと、進行が抑えられて腎不全や心血管疾患の発症率が低下する。検査は「血液検査」と「尿検査」が行われる。

クレアチニン検査

 血液検査では血中の「クレアチニン」という老廃物の値を調べる。クレアチニンは主に筋肉の中でつくられ、不要になると糸球体でろ過されて尿として排出される。腎機能が低下すると、クレアチニンがろ過されず、血液中に残る。血液検査でのクレアチニンの値を基に「糸球体ろ過値(GFR値)」を推定することができる。糸球体ろ過値とは糸球体が1分間にろ過できる血液の量のことで、腎機能の程度を示す指標になる。
 クレアチニン検査は特定健康診査の項目に含まれないことが多く、自覚症状もほとんどないため診断が遅れがちだという。

 検査結果の項目に推定GFR値が書かれていない場合は、日本慢性腎臓病対策協議会のホームページなどに自動換算機能が設けられている。血清クレアチニン値、年齢、性別を入力すると、推定GFR値を知ることができる。

微量アルブミン検査

 尿検査では主に、尿中に現れるタンパク量を調べる。腎臓の「糸球体」では、毛細血管が血液をろ過する「膜」の働きをしている。「タンパク質」は体にとって重要な栄養素のため、本来は尿に出ることはない。しかし、何らかの原因によって「膜」の目が緩んだり壊れかかったりすると、糸球体からタンパクが漏れでて尿中に現れる。
 早期の腎症を発見するためには、微量アルブミン検査が有効だ。この検査は、非常に微量のタンパク(アルブミン)を、感度のよい方法で尿から見出だす比較的新しい検査方法。検査を受ける人にとっては、一般の尿検査の方法と変わらない。

CKD啓発動画研究会

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

疾患 ▶ 高血圧

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2018年09月10日
高齢者のフレイル対策は栄養指導の大きな課題 日本栄養士会が全国大会
2018年09月10日
「スマートミール」認証がはじまる バランスの良い健康な食事の証
2018年08月29日
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催
2018年07月31日
「受動喫煙対策法」が成立 全面施行は2020年 違反者には罰則も
2018年02月21日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病とともに生きる人と家族を支援
2018年11月14日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

疾患 ▶ CKD(慢性腎臓病)

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月17日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年11月22日
慢性腎臓病(CKD)の要因は腎臓での「エネルギー代謝障害」 新たな治療法を開発
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
全国生活習慣病予防月間2019少酒
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典