一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

2011年度食育白書 「家族といっしょに食事」目標達成

キーワード: 二少(少食・少酒) 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導

 内閣府は2011年度の食育推進施策をまとめた「食育白書」を6月に公表した。「家族の共食(きょうしょく)が大切」との意識が広まる一方で、高齢者の孤食が拡大している現状が浮き彫りになった。


食育ガイド
11項目の数値目標 達成は2項目
 食育は、国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことができるようにするための重要なテーマであるとし、内閣府では食育の推進をはかるための基本的施策に関する企画・立案などの基本計画を定め、関係省庁が連携をとりながらさまざまな施策を実施している。

 食育政策では、第2次食育推進基本計画にもとづき、11項目で数値目標が掲げられている。内閣府は白書で、2011年12月にまとめた「食育に関する意識調査」結果などをもとに、11項目の目標値の現状を報告した。

 項目中で達成できたのは▽「朝食または夕食を家族と一緒に食べる『共食』の回数」を週10回以上にすること、▽「農林漁業体験を経験した国民の割合」を30%以上にすることの2項目となった。

 目標を達成できなかったにしても、前回調査より改善した項目は少なくない。▽栄養バランス等に配慮した食生活を送っている国民の割合(57.8%)、▽メタボの予防や改善のための適切な食事、運動を継続的に実践している割合(42.6%)は、ともに前回調査より向上した。

 一方で、▽昼食を欠食する国民の割合(20〜30歳代で28%、目標15%以下)、▽よく噛んで味わって食べるなどの食べ方に関心のある国民の割合(69.4%、同80%以上)、▽食品の安全性に関する基礎的な知識をもっている国民(66.0%、同90%以上)は、いずれも目標を下回った。

「共食は重要」が9割 高齢者の孤食目立つ
 今回の白書のポイントは「家族における共食(きょうしょく)」の取り組み状況をまとめた点。第2次基本計画の重点課題の一つに、「家庭における共食を通じた子どもへの食育の推進」を掲げていることから、子どもと家族との食事の状況や行政や企業などによる推奨事例を盛り込み紹介している。

 調査では、「家族と食事をすることは、重要である」と思う人は約9割と多いが、そのために「自分のスケジュールを調整しよう」と思う人は約4割にとどまることがあきらかになった。

 重点課題には「生涯のライフステージに応じた食育の推進」も掲げていることから、子どもだけにとどまらず地域とのつながり状況も報告している。

 「1日のすべての食事を一人で食べる」頻度について、「ほとんど毎日」と回答した人の割合は全体で7.1%であり、年齢別・性別に見ると70歳以上の女性が最も多く19.9%、次いで70歳以上の男性8.6%、60〜69歳の女性8.6%となった。単身の高齢者の孤食の実態がうかがえる結果になった。

 内閣府は「食を通じた地域コミュニケーションの必要性や地域とのつながりが『共食』をすすめるうえで重要なポイント」としている。

食育促進のための「食育ガイド」を公開
 内閣府は5月31日、食育促進のページに食育促進のための資料「食育ガイド」をホームページに公開した。食育ガイドはPDFでダウンロードすることが可能となっている。

 食育ガイドは、乳幼児から高齢者に至るまで、ライフステージのつながりを大切にし、それぞれの世代に応じた具体的な取組ができるようなガイドとなっており、小学校高学年以上の人が使えるように、わかりやすい表現で、周囲の異世代の人とも共有できる内容になっている。

 もくじ「『食べること』は『生きること』」に続き、自分の身長と体重を書き入れて成長のようすを見るグラフや自分の適性体重を算出する計算式が掲載されている。また、具体的に食べたものや起床時間・就寝時間を記入し、食事の栄養バランスに注意することを促しているほか、妊婦や乳幼児がいる家庭、小・中学生、思春期などそれぞれの時期の食事についても、注意点をわかりやすく説明している。

 このほか、食品表示の見方や家庭でできる食中毒予防、災害時への備えについてアドバイスをしているほか、食育ダイアリーには、毎日の食事を記入してセルフチェックすることができる。

平成24年版食育白書(内閣府)
食育に関する意識調査(内閣府)
食育ガイド(内閣府)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート