一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

肥満が増え続けると地球が食料危機に 英大研究

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム

 増え続ける肥満は、世界の食料供給を脅かす深刻な問題だとする研究が発表された。

 この研究論文は、英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究チームによるもので、医学誌「BMCパブリック・ヘルス(BMC Public Health)」に発表された。

 肥満は心臓病や2型糖尿病などの生活習慣病の原因となるだけでなく、食料問題にも深刻な影響を及ぼす。研究者らは、先進国で肥満が増え続ければ、限りある地球の資源への大きな脅威となると警鐘を鳴らしている。

肥満が増えると10億人分の余分な食料が必要となる
 肥満が増えるとカロリー摂取量が増え、余分な食料が必要となる。運動や身体活動などで消費されるカロリーはおよそ半分だ、安静にしているときでも肥満の人ではより多くのカロリーが必要となる。

 過体重や肥満が集中しているのは先進国だ。とくに北米では肥満が急増している。成人体重の世界平均は62kgだが、北米の平均体重は80.7kgだ。

 研究によると、全ての国で肥満度指数(BMI)の分布が米国並みになると、生物体(バイオマス)の消費量は5,800万トン増加するという。

 肥満者の過剰な体重を維持するために必要なカロリー総量で、標準体重の人を1億人も養える計算になる。もしも人類が米国並みのペースで太り続ければ、将来の地球では今よりも10億人分、必要な食料需要が増えることになると研究チームは警告している。

 世界保健機関(WHO)のデータによると、世界の成人の総体重は2億8700万トンだが、1,500万トンは過体重によるもので、350万トンは肥満によるものだ。とくに肥満の多い北米は、人口は世界全体のわずか6%を占めるが、生物食料の34%を消費している。

 世界の肥満人口は、2050年までに89億人に上昇すると予測されている。「肥満人口の増加は、世界の食料供給のバランスを壊す原因となる。肥満人口は食料問題の観点から大きな問題となっている。食料と肥満の両面から、いますぐ問題に取り組むことが必要だ」とロンドン大学衛生熱帯医学大学院のIan Roberts教授は指摘している。

The weight of nations(ロンドン大学衛生熱帯医学大学院 2012年6月18日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート