一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

肥満が増え続けると地球が食料危機に 英大研究

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム

 増え続ける肥満は、世界の食料供給を脅かす深刻な問題だとする研究が発表された。

 この研究論文は、英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究チームによるもので、医学誌「BMCパブリック・ヘルス(BMC Public Health)」に発表された。

 肥満は心臓病や2型糖尿病などの生活習慣病の原因となるだけでなく、食料問題にも深刻な影響を及ぼす。研究者らは、先進国で肥満が増え続ければ、限りある地球の資源への大きな脅威となると警鐘を鳴らしている。

肥満が増えると10億人分の余分な食料が必要となる
 肥満が増えるとカロリー摂取量が増え、余分な食料が必要となる。運動や身体活動などで消費されるカロリーはおよそ半分だ、安静にしているときでも肥満の人ではより多くのカロリーが必要となる。

 過体重や肥満が集中しているのは先進国だ。とくに北米では肥満が急増している。成人体重の世界平均は62kgだが、北米の平均体重は80.7kgだ。

 研究によると、全ての国で肥満度指数(BMI)の分布が米国並みになると、生物体(バイオマス)の消費量は5,800万トン増加するという。

 肥満者の過剰な体重を維持するために必要なカロリー総量で、標準体重の人を1億人も養える計算になる。もしも人類が米国並みのペースで太り続ければ、将来の地球では今よりも10億人分、必要な食料需要が増えることになると研究チームは警告している。

 世界保健機関(WHO)のデータによると、世界の成人の総体重は2億8700万トンだが、1,500万トンは過体重によるもので、350万トンは肥満によるものだ。とくに肥満の多い北米は、人口は世界全体のわずか6%を占めるが、生物食料の34%を消費している。

 世界の肥満人口は、2050年までに89億人に上昇すると予測されている。「肥満人口の増加は、世界の食料供給のバランスを壊す原因となる。肥満人口は食料問題の観点から大きな問題となっている。食料と肥満の両面から、いますぐ問題に取り組むことが必要だ」とロンドン大学衛生熱帯医学大学院のIan Roberts教授は指摘している。

The weight of nations(ロンドン大学衛生熱帯医学大学院 2012年6月18日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート