一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

毎日コーヒーを飲む中高年は健康 糖尿病リスクが減少

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム がん 三多(多動・多休・多接) 抗加齢(アンチエイジング)

 1日にコーヒーを3杯以上飲む高齢者は、まったく飲まない人に比べ生活習慣病で死亡するリスクが10%低いことが、米国の40万人以上を対象とした大規模研究であきらかになった。この結果はカフェインの有無にかかわらず、コーヒーを飲む50〜71歳の成人に当てはまるという。この研究は、医学誌「New England Journal of Medicine」5月17日号に掲載された。

 研究では、「NIH(米国立衛生研究所)-AARP(米国退職者協会)食生活・健康調査」に1995〜1996年に登録した男女約40万人の食習慣に着目。研究開始時点で被験者にがん、脳卒中、心疾患の既往はなかった。

 調査開始時にコーヒーの1日の摂取量について、0杯〜6杯以上の範囲で被験者に尋ね、2008年または死亡するまで健康状態を追跡した。その結果、1日に飲むコーヒーが1杯だけでも全死亡リスクが低下するほか、心臓病、呼吸器疾患、脳卒中、2型糖尿病、感染症による死亡リスクが低下することがわかった。

 コーヒーを1日3杯以上飲む人では、死亡リスクが10%低下していた。一方で、1日2杯と6杯との間ではほとんど差が認められなかったという。

 「コーヒーは米国でもっともよく飲まれている飲料だが、コーヒー摂取と死亡との関連はあきからにされていない。今回の研究で、コーヒーが死亡率を低下させることが示された」と米国立がん研究所のNeal Freedman氏は話す。

 「コーヒーにはポリフェノール(クロロゲン酸類など)が豊富に含まれるほか、1,000を超える化合物が含まれる」とFreedman氏は説明する。2型糖尿病などの発症リスクがコーヒーの摂取により低減されるとの研究は過去にも発表されており、コーヒーポリフェノールは注目されている。

 ポリフェノールの代表的な効果は抗酸化作用で、活性酸素による酸化を防ぐ。活性酸素は主に体内で作られる不安定な酸素で、過剰の活性酸素は細胞や遺伝子を傷つけ、がんの一因にもなるといわれている。血液中では脂質と反応し、動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病の引き金にもなる。

 Freedman氏は「コーヒーのどの成分に予防効果があるのか、メカニズムはまだあきらかになっていない。現時点では、コーヒー以外の生活習慣が影響している可能性もあるため、コーヒーを飲む量を増やす前に医師に相談することを勧める」としながらも、「コーヒーと死亡率低下の因果関係は不明だが、少なくともコーヒーの飲みすぎにより健康に悪影響があらわれることはなさそうだ」と説明している。

NIH study finds that coffee drinkers have lower risk of death(国立がん研究所 2012年5月16日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2016年04月07日
大豆は世界でも注目の健康食品 日本食が良い理由は「大豆を食べるから」
2016年04月07日
ヒトパピローマウイルス感染症予防接種後の相談窓口一覧を公表
2016年03月30日
温州ミカンの「β-クリプトキサンチン」が生活習慣病の予防に有用
2016年03月29日
治療と最前線のQOLを考える
【乳がん治療と乳房再建の情報ファイル】がオープン
2016年03月23日
子宮頸がんワクチン副反応の原因を究明 8割が同じ白血球の型

疾患 ▶ 糖尿病

2016年04月15日
5つの質問で糖尿病足病変のリスクがわかる「AAAスコア」を公開!
2016年04月11日
世界の糖尿病人口が4.2億人を超える 30年で4倍に増加 WHO
2016年04月08日
新制度「透析患者さんの足を守るしくみ」を積極的に活用しよう
2016年04月07日
大豆は世界でも注目の健康食品 日本食が良い理由は「大豆を食べるから」
2016年04月01日
社会人1年目、療養と仕事のバランス 連載「インスリンとの歩き方」

疾患 ▶ 高血圧

2016年03月23日
悪玉コレステロールの知識が足りない 自分の検査値を知らない人が8割
2016年03月16日
食塩目標量を知っている主婦は3.4% 7割以上が「減塩に関心あり」
2016年03月11日
ゆっくり吸収されるカロリーで最強を目指す スローカロリー研究会講演会レポート
2016年03月09日
食事バランスでコレステロールを上手にコントロール 関連教材33点
2016年03月09日
高齢者が安全に入浴できる目安 最低血圧100以上だと事故が14倍に

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2016年04月11日
世界の肥満人口は6億4100万人に増加 今後10年で5人に1人が肥満に
2016年04月07日
大豆は世界でも注目の健康食品 日本食が良い理由は「大豆を食べるから」
2016年03月16日
メタボリックシンドロームが認知症リスクを上昇 若いうちから対策を
2016年03月11日
ゆっくり吸収されるカロリーで最強を目指す スローカロリー研究会講演会レポート
2016年03月09日
ゆっくり噛んで食べるとエネルギー消費量が増加 咀嚼で肥満に対策

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2016年03月30日
温州ミカンの「β-クリプトキサンチン」が生活習慣病の予防に有用
2016年03月23日
悪玉コレステロールの知識が足りない 自分の検査値を知らない人が8割
2016年03月11日
ゆっくり吸収されるカロリーで最強を目指す スローカロリー研究会講演会レポート
2016年03月09日
食事バランスでコレステロールを上手にコントロール 関連教材33点
2016年02月15日
健康な生活の基本スタイルは「一無、二少、三多」 「多接」を楽しみ笑って健康長寿

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2016年02月15日
健康な生活の基本スタイルは「一無、二少、三多」 「多接」を楽しみ笑って健康長寿
2016年02月02日
オススメの「睡眠」関連教材・ツールのご紹介
2016年01月25日
ウォーキングが腸内フローラを改善 腸内細菌叢が変化し脳を健康に
2015年12月25日
海外旅行者は感染症に注意!発生状況と予防策の情報入手を
2015年12月25日
カフェイン入り「エナジードリンク」の飲み過ぎで健康障害 死亡例も

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2016年03月09日
高齢者が安全に入浴できる目安 最低血圧100以上だと事故が14倍に
2016年02月12日
薄毛や脱毛の人に朗報 歳をとると毛が薄くなる仕組みを解明
2016年01月27日
ウォーキングに更年期障害を緩和する効果 女性のホットフラッシュを改善
2016年01月25日
ウォーキングが腸内フローラを改善 腸内細菌叢が変化し脳を健康に
2015年12月18日
男性の薄毛・脱毛「AGA」 髪の毛の遺伝子でリスク判定し効果的治療
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。