一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

食品による窒息死が増加 消費者庁が注意喚起

キーワード: 健診・保健指導

 「窒息事故」のよる死亡数が増えている。2010年の窒息事故数は9,700人を超えた。半数を占めるのは、食物が誤って気管内に入る誤嚥(ごえん)事故だ。窒息事故を起こさないよう予防と応急手当の方法を知っておくことが大切となる。
窒息事故死は交通事故死よりも多い
 誤嚥は、食物などが、なんらかの理由で、誤って喉頭と気管に入ってしまう状態をさす。飲み込みの反射が障害されていたり、飲み込む力が弱い、あるいは食道を通過できないといった状態が、誤嚥を引き起こす。誤嚥は肺炎の原因にもなる。

 窒息事故による死亡者の年齢の大半は65歳以上の高齢者が占め、次いで45〜64歳、30〜44歳と年齢に比例して多い。一方、0〜4歳の乳幼児の死亡も年間20〜30人発生している。

 東京消防庁によると、高齢者の事故のうち「ものがつまる・ものが入る」事故は、ご飯、もち、肉、野菜・果物、パン、菓子、惣菜、寿司など、さまざまな食べ物により起きている。

 日本人の不慮の事故による死因をみると、2010年は「窒息」が9,727人で、交通事故(7,144人)や転倒・転落(7,063人)を越えている。厚生労働省や国民生活センター、東京消防庁などが食品による誤嚥の注意喚起を行っているが、食品による窒息で死亡する人は後を絶たない。

 食品による窒息事故の予防策として、消費者庁は次のような対策を示している。

  • 食品を食べやすい大きさに切る。一口を無理なく食べられる量に。
  • 食事の際は、お茶や水などを飲んで喉を湿らせる。
  • 食べ物を口に入れたまま、しゃべらない。
  • 食事中に驚かせるような行動をしない。
  • 食事中は歩き回らない、寝転ばない。
  • 要介護者は、粥などの流動食に近い食べ物でものどに詰まることがあるため、食事の際に目を離さない。
    (消費者庁ニュースリリースより)

 消費者庁は「食べ物での窒息事故を起こさないよう予防と応急手当ての方法を知っておくことが大切」と注意を呼びかけている。「改訂4版 応急手当講習テキスト 救急車がくるまでに」によると、傷病者に「喉が詰まったの?」と尋ね、声が出せず、うなずくようであれば窒息と判断し、ただちに行動する必要がある。

  • 119番通報するよう誰かに頼むとともに、ただちに以下の2つの方法を数回ずつ繰り返し、異物が取れるか、傷病者の反応がなくなるまで異物の除去を試みます。
  • 傷病者が咳をすることが可能であれば、できるだけ咳を続けさせます。咳ができれば、それが異物の除去にもっとも効果的です。

消費者庁

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート