一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ビタミンCで血圧が低下する サプリの効果には疑問視も

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 三多(多動・多休・多接)

 ビタミンCを豊富にとると血圧が低下すると、米ジョンズ・ホプキンズ大学の研究者らが発表した。ただし、ビタミンCのサプリメントを大量に摂取すると効果があるかは不明だという。

 高血圧の治療として、薬物療法、運動療法、体重コントロール、食塩摂取量の低下などが行われている。それに加えて、食事でのビタミンCの十分な摂取を挙げる専門家は多い。ビタミンCは、果物や野菜に多く含まれる。

 研究者らは、ビタミンCの摂取と収縮期血圧、拡張期血圧の関連を調べた29件の無作為化対照試験をメタ解析した。ビタミンCを1日に500mg摂取すると、血圧が3.84mmHg低下するという結果になった。

 ACE阻害薬や利尿薬といった降圧薬による薬物療法を受けている患者では、10mmHg程度の血圧の低下を期待できる。「降圧薬に比べると、ビタミンCの降圧効果はごく控えめなものだが、無視できるものではない」と指摘している。

 米国成人の1日のビタミンCの推奨量は90mg、500mgはその5倍以上の量だ。食品に換算すると、500mgのビタミンCは、オレンジジュース6杯分に相当する。

 アメリカ成人のおよそ30%は高血圧だ。高血圧は心疾患や脳卒中の重要な危険因子となる。「米国全体で1人当たり血圧を3mmHg低下できれば、脳卒中の発症を大きく減らすことができる」とジョンズ・ホプキンズ大学のEdgar R. Miller氏は指摘する。

 Miller氏らは、ビタミンCの生物・生理的な降圧効果が潜在的にはたす役割について注目している。例えば、ビタミンCは利尿薬の役割をし、血圧を低下させて、血管壁をゆるめるのを助けると考えられている。その結果、腎臓でより多くのナトリウムや水分が取り除かれるようになる。

 一方で、サプリメントによる高濃度のビタミンCを1度に大量にとるのが安全であるかについては、「さらなる検討が必要だ」と述べている。サプリメントや栄養剤の米国での年間売上は、2兆2400億円(280億ドル)にも達するという。サプリメントの効果や安全性を疑問視する声も少なくない。

 研究者らは、毎日の食事での摂取が難しい場合、特定の栄養素をサプリメントなどで補足するのが合理的な解決策となる可能性を指摘している。「ビタミンCのサプリメントの降圧効果を実証できれば、医薬品よりも安値な対策法として期待できるようになる」という。そのためには、サプリメントの効果と安全性を慎重に検証することが必要だとしている。

Big Doses of Vitamin C May Lower Blood Pressure(ジョンズ・ホプキンズ大学 2012年4月18日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート