一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

国保1人当たり医療費、3%増の29万円 国保中央会集計

キーワード: 健診・保健指導

 国民健康保険の1人当たり医療費は、2011年度は29万4779円で、前年度から3.4%増えたことが、国民健康保険中央会の集計で分かった。医療費の総額は、国保医療費が11兆4214億円(市町村国保10兆8618億円、国保組合5595億円)で、前年度から2.3%増えた。

 一方、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度の1人当たり医療費は90万8543円で、1.6%増えた。総額は13兆1884億円で、4.7%増えた。

 被保険者数は、市町村国保が前年度比0.7%減の3558万人、国保組合が5.3%減の317万人。一方、後期高齢者は3.0%増の1452万人だった。

 市町村国保のの1人当たり医療費は30万5276円(前年度比3.3%増)、国保組合は17万6781円(1.9%増)だった。

 1人当たり医療費を都道府県別に見ると、市町村国保、後期高齢者ともに全都道府県で前年度から増加した。市町村国保では、最高は山口の37万5521円、最低は沖縄の25万9130円で、最高の山口と、最低の沖縄の差は1.45倍だった。山口についで高かったのは、香川(37万1002円)、島根(37万979円)。沖縄に次いで低かったのは、茨城(26万4115円)、千葉(27万2028円)などの順。

 一方、後期高齢者では、最高は福岡の115万8395円、最低は新潟の73万9314円で、両県の間には1.57倍の開きがあった。福岡に次いで高かったのは、高知(109万4039円)、北海道(107万9813円)。新潟に次いで低かったのは、岩手(74万1312円)、静岡(77万3786円)だった。

医療費速報(国民健康保険中央会)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート