一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

カレーの色素成分が糖尿病発症リスクを低下

キーワード: 糖尿病 三多(多動・多休・多接)

 カレーに含まれる栄養成分が糖尿病の危険性を低下させる可能性があるという研究が発表された。カレーに含まれるクルクミンには減量と抗炎症作用があり、2型糖尿病の発症を抑えるという。

 クルクミンはカレーのスパイスであるウコン(ターメリック)やショウガに含まれている黄色い色素で、ポリフェノールの一種であるクルクミノイドに分類される。

 タイのシーナカリンウィロート大学の研究チームは、糖尿病リスクの高い糖尿病前症(prediabete)と判定された人に、クルクミンを毎日摂取してもらった。この研究は、米国糖尿病学会が発行する医学誌「Diabetes Care」に発表された。

 糖尿病前症は、血糖値が正常型よりも高いが、糖尿病と診断されるほどは高くない場合に判定される。いまは糖尿病ではなくとも、将来に糖尿病を発症する危険性の高い状態だ。

 対象となった240人の参加者に、健康的な食事や運動についての生活習慣指導を3ヵ月間受けてもらった。期間中、血糖降下薬などによる治療は行わなかった。参加者を無作為に2グループに分け、片方は250mgのクルクミノイドを含むカプセル製剤を1日6錠を服用してもらい、もう片方には偽薬(ブラセボ)を摂取してもらった。

 9ヵ月後にカプセルを毎日摂取した人では2型糖尿病の発症がみられなかったが、偽薬を摂取したグループでは16.4%が2型糖尿病を発症した。クルクミンによる重大な副作用は報告されなかったが、数人が軽いそう痒や便秘などの症状を訴えた。

 クルクミンがどのようなメカニズムで糖尿病の危険を減らすのかは解明されていないが、研究者はクルクミンの減量効果を指摘している。減量はインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性を低下すると推測している。インスリンは、ブドウ糖の細胞内への取り込み、エネルギー利用などを促進する。

 クルクミンには抗炎症作用もある。研究者は、「クルクミンが抗炎症作用により、ベータ細胞の損傷を保護した可能性がある。その結果、インスリンを放出するβ細胞の機能が改善した」と述べている。

 一方で「クルクミンのサプリメントの利用を勧めるものではない。市販されているサプリメントのクルクミン含有量は安定していないおそれがある」と注意を促している。「糖尿病前症の段階で、まず取り組むべきは食事と運動の改善だ」と述べている。

Curcumin Extract for Prevention of Type 2 Diabetes
Diabetes Care July 6, 2012, doi: 10.2337/dc12-0116

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典