一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

睡眠の質と満足度が低い日本 3ヵ国の実態を調査

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる 健診・保健指導

 現代人は、生活習慣による生活の乱れやストレスに満ちた社会環境などにより、国民の5人に1人が睡眠の悩みをもっているといわれる。不眠は誰にでも起こりうる現代病のひとつだ。

 日本では“睡眠の質”への満足度が、米・仏の6割に対し、4割止まりであることが、サノフィ・アベンティスが日米仏3ヵ国で行った睡眠調査で分かった。睡眠時間(量)の満足度が低い日本では、集中力や気力・充実感の低下や、眠気を感じるといった“日中パフォーマンス”の低下を実感している割合が高いことも示された。
不眠の悩みを医師に相談する割合は日本が最低
 調査は、睡眠および不眠に対する意識や行動の実態を把握するため、昨年8月に日本、米国、仏国の3ヵ国でインターネットで実施したもの。調査対象は30歳以上の成人6,973人で、内訳は日本3,282人、米国1,725人、仏1,966人。

 平日睡眠時間は、日本は6.5時間で、米・仏より約0.5時間短く、平日睡眠時間が6時間未満の割合は、日本が最も多く19.8%、米国12.5%、仏国10.2%だった。

 “睡眠時間”は気にするものの、“睡眠の質”についてはその重要性が見落されがちだ。“睡眠の質”への満足度を尋ねたところ、“満足”と回答した割合は米国59.4%、仏国61.1%に対し、日本は44.7%となった。一方、“不満”と回答した日本人は36.0%と、約3人に1人が“睡眠の質”に不満を感じていることがあきらかになった。

 日中に“集中力、気力・充実感の低下”および“眠気”を感じる人の割合は、日本はいずれの項目でも米・仏より高かった。特に、“集中力がない”と回答した日本人は17.4%と、米国(4.5%)、仏国(9.7%)との間に大きな差がみられた。また、“日中に眠気を感じる人”の割合では、米国(56.0%)、仏国(30.3%)に対して、日本は70.9%と高い割合を示した。

 不眠は、眠れないという悩みや日中パフォーマンスの低下を招くだけでなく、糖尿病や高血圧をはじめとする生活習慣病やうつ病のリスクにもなる。

 不眠症状のある人を対象に、不眠への対処法を尋ねたところ、日本では“お酒を飲む”(19.5%)、“医師から処方された睡眠薬を飲む”(13.7%)、“何もしない”(13.1%)の順に多かった。これに対し、米・仏では“医師から処方された薬を飲む”(19.2%、16.9%)、“医師の診察を受ける”(18.6%、19.9%)の割合が高かった。

 寝酒は寝つきを良くするものの、その作用が長続きしないために夜中や早朝に目が覚めてしまうことになり、深い睡眠を減らし、“睡眠の質”を下げる原因となる。日本では、不眠へ適切な対処を行っていないだけでなく、寝酒がまねく“睡眠の質”への悪影響についても認識が低いことがうかがえる結果になった。

 不眠症状のある人のうち、医療機関を受診した割合は、米国27.3%、仏国25.6%に対し、日本は15.7%と低かった。また、不眠症状があるものの受診経験のない人を対象に、不眠の改善に良いと思う診療科を尋ねたところ、米・仏では“かかりつけ医(内科)”(49.8%、66.7%)の割合が多い一方、日本は25.9%と低かった。

サノフィ・アベンティス

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年11月14日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月14日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年08月29日
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催
2018年08月28日
「認知症」を恐れる中高年が大多数 政府の施策は「知らない」 日医総研
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典