一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

体内時計の乱れ 血液検査で簡単に知る方法を開発

キーワード: 高血圧 糖尿病 脳梗塞/脳出血 健診・保健指導

 睡眠や体温、血圧などの変動のリズムを整える体内時計が、生活の多様化やストレスなどが原因で乱れる人が増えている。理化学研究所の研究者らを中心としたグループが、体内時刻を簡単に測定できる手法を開発した。
 体内時計の異常は、不眠などの睡眠障害やうつ病、メタボリック・シンドローム、骨粗しょう症など、さまざまな病気と関連している。体内時計を調整できるようになれば、これらの病気の予防・改善につながると期待されている。

 ヒトの生体で24時間周期を刻む“体内時計”の時刻を、採取した血液から簡単に知る方法を、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの粕川雄也氏らの研究チームが開発した。

 体には“社会生活の時計”と異なる“体内時計”が備わっており、睡眠や体温、血圧などの変動のリズムを整えている。社会生活の時計は1日24時間だが、体内時計は少し周期が長く、24時間数十分を1周期としているという。

 通常は、太陽の光を浴びることなどで体内時計のずれがリセットされ、社会生活の時計と合うが、不規則な生活などによって体内時計が乱れ、その状態が続くと、高血圧や糖尿病などの病気や体調不良につながる。

 体内時計の異常は、不眠などの睡眠障害やうつ病、高血圧症、過食に伴うメタボリック・シンドローム、骨粗しょう症など、さまざまな病気と関連している。体内時計の異常が慢性疾患の原因となったりそれらを進行させたりする可能性があるという。

 健康の維持には、体内時計をうまく調整することが大切だが、働きかたの多様化やストレス過多などにより、時差ぼけや睡眠障害のような体内時計の異常(リズム障害)をもつ人は増えている。体内時計が指す時刻は健康な人でも5〜6時間のズレ幅で個人差があり、仕事の時間帯が固定してない人はその幅が10〜12時間になる。

 体内時計を知るためには、従来の方法では、1、2時間おきに1日以上採血して物質の増減の周期を調べる必要があった。研究チームは、特定の物質を指標に体内時刻を推定する「分子時刻表」を作成した。これにより、血液の連続計測を行わなくても、1回の採血だけで簡単に、体内時刻を正しく知ることができるようになるという。

 研究チームは、協力者3人に温度や明るさが一定の室内で36時間過ごしてもらい、2時間おきに採血した。1日周期で変化する複数のアミノ酸やホルモンなどの代謝産物を測定分析して、24時間の周期で増減する58種類の物質を特定した。

 分子時刻表をもとに、1日の任意の時刻に採取した血液から正しく「体内時刻」を推定できるかどうかも検証した。強制的に外環境と体内時計をずらした6人の血中物質を測定したところ、メラトニンやコルチゾールの量を測定する従来法と、ほとんど同じ結果が得られた。

 体内時刻を考えて特定の時刻に特定の治療を施すと、最適な効果が得られる可能性がある。体内時刻の要素を加味した「時間治療」は、副作用が少なく効果的な治療に結びつくと期待されている。

ヒトの血液から簡単に「体内時刻」を調べる手法を確立(理化学研究所 2012年8月28日)

体内時計の不調で糖尿病 生活リズムがインスリン分泌にも影響(糖尿病NET)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート