一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病患者の冠疾患スクリーニングにFMDが有用

キーワード: 糖尿病 動脈硬化

 糖尿病患者の冠動脈疾患スクリーニングに、FMD検査が有用である可能性が示された。第60回日本心臓病学会学術集会(9月14日〜16日・金沢)での、新古賀病院心臓血管センター・後藤義崇氏らの発表。
FMDが冠動脈狭窄の存在を予測し得るかを検討
 糖尿病患者は冠動脈疾患を好発することに加え、神経障害の影響等により無症候のまま重篤化しやすいことから、そのスクリーニングが重要とされる。しかし、CTなどの侵襲的検査をどのような患者に施行すべきかについては、まだ明確になっていない。

 後藤氏らは、動脈硬化の最初期の変化である血管内皮機能低下は、血流依存性血管拡張反応「FMD(Flow Mediated Dilation)」が非侵襲的に評価可能であることから、FMDが糖尿病患者の冠動脈疾患スクリーニングの手段となり得る可能性を検討した。研究の対象は、同院にてFMDを測定した糖尿病患者のうち、スクリーニング目的での心臓CTを施行された連続35例。冠動脈疾患の侵襲的治療の既往がある患者は除外した。

有意狭窄あり群はFMDが有意に低値
 心臓CTにより、1枝以上の冠動脈に50%以上の狭窄を認めた群(25例)と、認めなかった群(10例)の2群に分類し、患者背景とFMDほかの各種検査所見を比較。また、FMDは、5分間の前腕駆血後の上腕動脈径の変化率で評価した。

 その結果、単変量解析で有意差のある項目として、BMI、中性脂肪(TG)、ABI(足首上腕血圧比)とともにFMDが挙がった(表)。これら以外の、年齢、性、糖尿病罹病期間、HbA1c、空腹時血糖値、LDL-C、血圧、心拍数、石灰化スコアなどは、いずれも有意な群間差がみられなかった。また、処方薬の使用状況にも有意な差はなかった。

冠動脈疾患のある群とない群での患者背景・検査所見の比較(単変量解析)

TG高値、FMD低値が有意狭窄の予測因子
 続いてステップワイズ回帰分析を行うと、群間に有意差のある因子としてTGとFMDの2項目が抽出された(TG;p<0.0234、FMD;p<0.0451)。これにより、TG高値とFMD低値が、冠動脈疾患の独立した予測因子であることが示された。

 以上の結果から、同氏は「糖尿病患者においてFMD測定は冠動脈疾患のスクリーニングに有用である可能性がある」とまとめた。

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート