一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

糖尿病患者の冠疾患スクリーニングにFMDが有用

キーワード: 糖尿病 動脈硬化

 糖尿病患者の冠動脈疾患スクリーニングに、FMD検査が有用である可能性が示された。第60回日本心臓病学会学術集会(9月14日〜16日・金沢)での、新古賀病院心臓血管センター・後藤義崇氏らの発表。
FMDが冠動脈狭窄の存在を予測し得るかを検討
 糖尿病患者は冠動脈疾患を好発することに加え、神経障害の影響等により無症候のまま重篤化しやすいことから、そのスクリーニングが重要とされる。しかし、CTなどの侵襲的検査をどのような患者に施行すべきかについては、まだ明確になっていない。

 後藤氏らは、動脈硬化の最初期の変化である血管内皮機能低下は、血流依存性血管拡張反応「FMD(Flow Mediated Dilation)」が非侵襲的に評価可能であることから、FMDが糖尿病患者の冠動脈疾患スクリーニングの手段となり得る可能性を検討した。研究の対象は、同院にてFMDを測定した糖尿病患者のうち、スクリーニング目的での心臓CTを施行された連続35例。冠動脈疾患の侵襲的治療の既往がある患者は除外した。

有意狭窄あり群はFMDが有意に低値
 心臓CTにより、1枝以上の冠動脈に50%以上の狭窄を認めた群(25例)と、認めなかった群(10例)の2群に分類し、患者背景とFMDほかの各種検査所見を比較。また、FMDは、5分間の前腕駆血後の上腕動脈径の変化率で評価した。

 その結果、単変量解析で有意差のある項目として、BMI、中性脂肪(TG)、ABI(足首上腕血圧比)とともにFMDが挙がった(表)。これら以外の、年齢、性、糖尿病罹病期間、HbA1c、空腹時血糖値、LDL-C、血圧、心拍数、石灰化スコアなどは、いずれも有意な群間差がみられなかった。また、処方薬の使用状況にも有意な差はなかった。

冠動脈疾患のある群とない群での患者背景・検査所見の比較(単変量解析)

TG高値、FMD低値が有意狭窄の予測因子
 続いてステップワイズ回帰分析を行うと、群間に有意差のある因子としてTGとFMDの2項目が抽出された(TG;p<0.0234、FMD;p<0.0451)。これにより、TG高値とFMD低値が、冠動脈疾患の独立した予測因子であることが示された。

 以上の結果から、同氏は「糖尿病患者においてFMD測定は冠動脈疾患のスクリーニングに有用である可能性がある」とまとめた。

(mhlab)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

疾患 ▶ 動脈硬化

2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が糖尿病リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート