一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

塩分を減らすための14ヵ条 塩分の多い食事は高血圧につながる

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 「少食」食事は腹7~8分目

 ポテトチップなど塩分の多い食品をたくさん食べても、短期間であれば害にならないが、数年にわたって日常的に高塩分の食品をとると血管に損傷があらわれ、高血圧になる可能性が高まることが研究であきらかになった。日常でちょっとしたことに注意するだけでも、塩分の摂取量を減らすことができる。

 この研究は、オランダのグローニンゲンに在住している男女5,556人を対象に行った大規模観察研究「PREVEND」の成果。研究開始時に高血圧だった人はいなかったが、約6年間の追跡期間中に878人が新たに高血圧を発症した。

 研究チームは定期的に採取した24時間蓄尿を分析し、血管損傷マーカーである尿中の尿酸とアルブミンの量を記録した。さらに尿中ナトリウム量を測定し、被験者が摂取した塩分またはナトリウムの量を調べた。

 「高血圧症を発症する危険性を最小に抑えるために、塩分の摂取量を消費を減らすことを推奨する米国心臓学会などのガイドラインを指示する結果になった」と、研究を行った米ハーバード大学医学部内科助教授のジョン フォアマン氏は話す。研究結果は、「Circulation」のオンライン版6月18日号に掲載された。

 その結果、ナトリウム摂取量が多いほど尿中の尿酸およびアルブミンは高値を示し、尿酸値およびアルブミン値が高いほど、高ナトリウム食を継続した場合に高血圧を発症する可能性が高かった。

 ナトリウム摂取量が最も多かった人(1日6,200mg)では、最も少なかった人(1日約2,200mg、小さじ約1杯の塩に相当)に比べて高血圧になる可能性が21%高く、尿酸とアルブミンが高値を示すとともに塩分摂取が最も多かった人では86%高かった。

 米国心臓学会(AHA)は、日常で塩分摂取量を減らすために、次のことをアドバイスしている。

毎日の生活でできる塩分を減らす工夫

  • 食塩の使用量を徐々に減らせば、味の好みが変わり、塩味がひかえめでも満足できるようになる。

  • 醤油、ケチャップ、カラシ、ソースなど塩分の多い調味料を減らす。

  • なるべく料理のレシピから塩を取り除く。

  • テーブルに卓上塩入れを置かないようにする。

  • 野菜は新鮮なものを買う。冷凍や缶詰は食塩無添加品を選ぶ。

  • ポテトチップやプレッツェルなどは、塩分が多いのでなるべく避ける。

  • 魚や野菜を食べるときには、食塩をふる代わりにレモン汁をかける。

  • 肉や魚は新鮮なものを調理して食べる。調理済みの缶詰などは、塩分が多く添加されたものがあるので注意。

  • 料理の味付けに、塩以外のハーブや香辛料を上手に活用する。

  • 米やパスタ、シリアルなどを塩を加えずに調理する。

  • 調理済みのピラフ、冷凍食品、ピザ、缶詰めのスープ、パッケージ化されたドレッシングなどは塩分が多いので注意。

  • まぐろの缶詰などは油や塩を添加してあるのですすいで塩分を落としてから使う。

  • ナッツ類や豆類、エンドウ豆などは塩分無添加のものを使う。

  • 外食するときは、利用する店で食塩を減らす工夫をしているかを聞いてみよう。

Too much salt may damage blood vessels and lead to high blood pressure(米国心臓学会 2012年6月18日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート