一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

仕事中にウトウトするのは酸素が足りないから

キーワード: 三多(多動・多休・多接)

 仕事中にデスクでついウトウトしてしまうのは、酸素が足りないからかもしれない――二酸化炭素濃度の高い室内にいると、仕事のパフォーマンスが著しく低下するという研究が発表された。昼間に襲ってくる眠気は自らの疲労や睡眠不足が原因だと思っている人もいるだろうが、換気の悪い室内にいる場合は、原因はあなた自身にあるのではないかもしれない。

 最新の研究によると、オフィス内の環境が睡魔を引き起こす原因のひとつになっているという。さらに、眠気の誘発とともに集中力や意思決定能力にも悪影響を及ぼしていることが判明した。

 米ローレンス・バークレー国立研究所とニューヨーク州立大学の研究チームは、仕事中や授業中に襲ってくる睡魔の原因は、オフィス内や教室内の二酸化炭素濃度の上昇であることを突き止めた。実験により、二酸化炭素濃度が2500ppmに達すると仕事中のパフォーマンスが著しく低下することが判明した。

 研究チームは、24人の被験者を対象に、二酸化炭素濃度を600ppm、1,000ppm、2,500ppmに調整した室内で2.5時間過ごしてしまい、意志決定能力を調べるテストを受けてもらった。二酸化炭素濃度が上昇するにつれ、テストの得点は著しく低下した。

 屋外の濃度は380ppm程度なのに対し、オフィス内の二酸化炭素の濃度は1000ppm程度だ。しかし、換気設備が機能していない場合、濃度がこれを超えることは珍しくない。会議などで閉め切った部屋に大勢の人が集まり長時間過ごすと、二酸化炭素濃度は一気に上昇し、3000ppmに達することもあるという。

 つまり会議中ほど睡魔に襲われやすいという方は、自分の体調よりも環境が原因だったかもしれないのだ。ちなみに、換気の悪い教室で試験を受ける学生は、二酸化炭素濃度が高いと、思わしくない結果を招くおそれがあるという。

 研究者らによると、「室内の二酸化炭素濃度が2500ppmや3000ppmに達したとしても、直接的には健康に害があるわけではないが、集中力や意思決定に支障をきたす可能性があることはあきらかだ」とのこと。

 二酸化炭素濃度を上昇させないためには、とにかく室内の換気が重要で、建物などの内部の汚れた空気を排出して、外の新鮮な空気と入れかえることだと指摘している。

Elevated Indoor Carbon Dioxide Impairs Decision-Making Performance(2012年10月17日 カリフォルニア大学)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典