一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

メタボ腹は骨粗しょう症の原因 生活習慣の改善が必要

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目

 内臓脂肪がたまりビール腹になった男性は、骨粗しょう症を発症する危険性が高いという研究が、ハーバード大学医学大学院の研究者によって発表された。「内臓脂肪がたまっている男性は、骨の強度が低下します。生活習慣の改善が必要です」と研究者は指摘している。
メタボの男性は骨折リスクが上昇
 骨粗しょう症とは、骨量が減って骨がもろくなる病気だ。健康であれば、骨の中は密につまっていて骨の強度を保つ柱の構造がしっかりしているが、骨粗しょう症になると柱がスカスカでもろい状態になる。

 骨密度は20歳前後でピークに達する。その後は40歳代半ばまではほぼ一定だが、50歳前後から急速に低下していく。米国では女性の3分の1、男性の5分の1が生涯に骨粗しょう症を経験している。

 「骨粗しょう症は閉経後の女性に多い病気とされています。今回の研究では、メタボリックシンドロームの男性でもリスクが上昇することが示されました」とミリアム ブレデラ博士は言う。

 ブレデラ博士らの研究チームは、35人の肥満の男性を対象に、内臓脂肪の蓄積と骨粗しょう症との関連を調べた。対象者の中間年齢と体格指数(BMI)は、それぞれ34歳と36.5だった。対象者を、皮下脂肪の多いグループと、内臓脂肪の多いグループに分けて比較した。

 コンピューター断層撮影(CT)検査を行い、下腹部と大腿部の脂肪の蓄積を調べた。また、骨粗しょう症のリスクを、有限要素解析法(FEA)と呼ばれる技術を応用し評価した。FEAは橋や飛行機などの構造物の強度を調べる用途で使われることが多い。

 「驚いたことに、内臓脂肪のたまったグループでは、皮下脂肪のたまったグループに比べ、骨の強度が低下しており、骨折のリスクが高まっていることが分かりました。同じくらいの年齢と体格指数でも、内臓脂肪のたまった男性では、骨の強度が2倍以上低下していました」とブレデラ博士は説明する。

内臓脂肪から悪い生理活性物質が分泌
 内臓脂肪の細胞からは、さまざまな生理活性物質(アディポサイトカイン)が分泌される。内臓脂肪がたまることで、脂肪細胞から糖尿病や高血圧症、高脂血症を引き起こす悪い生理活性物質が多く分泌され、血管の炎症や血栓をつくりやすい状態を起こす。

 この生理活性物質は、骨粗しょう症のリスクにも影響する。メタボの男性では、内臓脂肪から分泌される生理活性物質が炎症を引き起こし、骨形成に障害をもたらしているおそれがあるという。また、内臓脂肪が蓄積するとヒト成長ホルモンの分泌が低下し、健康な骨格を維持できなくなる可能性がある。

 ブレデラ博士らは以前に、50人の閉経前の若い女性を対象に同様の研究を行った。やはり内臓脂肪がたまっている女性では、骨の強度は低下していた。

 骨密度を十分に保つためには、カルシウムを十分に摂取し、カルシウムの吸収を促す栄養素を食事に取り入れることが必要となる。また、適度な運動は骨代謝を促し、骨を強くするのに有効だ。

 「食事や運動に加え、内臓脂肪を減らし、肥満を解消することが、骨粗しょう症のリスクを低下するのに有効であることが示唆されました。できるだけ早い時期からよい生活習慣を取り入れ、骨粗しょう症と骨折の予防に役立てることが重要です」とブレデラ博士は強調している。

Men with Belly Fat at Risk for Osteoporosis(北米放射線医学会 2012年11月28日)

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート