一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

果糖コーンシロップのとりすぎで糖尿病リスクが上昇

キーワード: 二少(少食・少酒) 糖尿病 「少食」食事は腹7~8分目 食生活

 ジュースやお菓子などの加工食品に使われている果糖(高果糖コーンシロップ)を大量に摂取している国で、2型糖尿病の発症が増えているという報告を、南カリフォルニア大学などの研究チームが発表した。「果糖のとりすぎが、肥満や糖尿病の原因になっている可能性がある。過剰摂取に注意したほうがよい」と研究者は警告している。
果糖は多くの加工食品に含まれている
 果糖(高果糖コーンシロップ)は、ジュースやコーラなど清涼飲料や菓子類などの、甘味の強い加工食品の材料(食品添加物)としてよく使われている。日本の食品の原材料では、「果糖ブドウ糖液糖」などと表示されることが多い。

 高果糖コーンシロップは甘味が強くコストの安く添加物として食品業界に受けいれられ普及した。フルーツジュース、炭酸飲料、シリアル、パン、ヨーグルトなど、甘味の多い加工食品に含まれている。

 ごはんやパン、パスタ、穀類、いも類や野菜などに含まれる炭水化物が複合糖質であるのに対し、果糖やブドウ糖は吸収されやすい単糖類だ。果糖を多量にとり続けると血中の中性脂肪が上昇しやすくなるという研究が報告されている。

 南カリフォルニア大学とオックスフォード大学の共同研究チームは、42ヵ国を対象に高果糖コーンシロップの消費量と2型糖尿病の有病率との関連を調べた。

 高果糖コーンシロップの摂取量がもっとも多い国は米国で1人当たり平均で年間25kgの高果糖コーンシロップをとっており、2番目に高いのはハンガリーで16kgを摂取しているという結果になった。

 日本、韓国、カナダ、ブルガリア、ベルギー、アルゼンチン、メキシコなども、高果糖コーンシロップの摂取量が比較的多かった。

果糖のとりすぎで糖尿病が20%増加
 2型糖尿病の発症との関連を調べたところ、発症率は高果糖コーンシロップの摂取量が多い国で8%であるのに対し、摂取量が少ない国では6.7%だった。高果糖コーンシロップを多くとっている国で、2型糖尿病の有病率が上昇していることがあきらかになった。

 「甘味の強い食品に対して強い食欲を感じる人は多い。しかし、高果糖コーンシロップのとりすぎは、糖尿病や肥満の増加につながるおそれがある。多くの国で糖尿病や肥満が増えているのは、懸念すべきことだ」と南カリフォルニア大学のマイケル ゴーラン氏(予防医学)は述べている。

 「果糖はブドウ糖と異なるメカニズムで代謝される。肝臓でブドウ糖より早く中性脂肪に変えられる。このことが、果糖の消費の多い米国やメキシコで非アルコール性脂肪肝の有病率が上昇している一因となっている可能性もある」とゴーラン氏は指摘している。

 「高果糖コーンシロップを多く摂取している国では、あまり摂取していない国に比べ、2型糖尿病の有病率が約20%上昇している。過剰な摂取が望ましくない成分として、トランス脂肪酸や塩分などと同等に扱った方がよい。糖尿病が増加している国では、食品に注意を促すラベルを表示するなどして、注意を喚起する必要があるだろう」と研究者は結論付けている。

High fructose corn syrup linked to diabetes(南カリフォルニア大学 2012年11月28日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

生活習慣 ▶ 食生活

2019年10月18日
「大豆」が糖尿病リスクを減少 コレステロールや血糖が下がる
2019年10月11日
[新連載] おいしく・健康になる「間食」ライフ ヘルシースナッキング実践ガイド
2019年10月09日
「粗食が大切」は寿命の短縮をまねく 高齢者の2人に1人が「フレイル」の疑いあり
2019年09月19日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月09日
糖尿病対策に「ゆっくり食べる」ことは効果的 よく噛んで食べるための8つの対策

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート