一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

野菜のカロテノイドが乳がんリスクを低下

キーワード: がん 三多(多動・多休・多接)

 ニンジンや、サツマイモ、ホウレンソウ、キャベツなど、カラフルな緑黄色野菜にはカロテノイドが多く含まれる。これらの野菜をよく食べる女性では、食べない女性に比べ、乳がんの発症が減るという研究が発表された。
野菜の色素成分はがん予防に効果的
 カロテノイドは、野菜や果物に含まれる黄色や赤色の色素成分。活性酸素の発生を抑えたり、取り除く作用がある。カロテノイドには、活性酸素の働きで引き起こす動脈硬化を予防したり、老化やがんの発生に対しても効果があるとみられている。

 ハーバード大学医学大学院のヘザー エリアッセン博士らの研究チームは、乳がんと血中カロテノイドの関連について調べた8件のコホート研究のデータを調べた。

 3,000人の乳がん患者と、4,000人の健康な女性を対象に食事調査を行い、血液を採取し血中のカロテノイドレベルを比較測定した。その結果、カロテノイドレベルの高い上位20%の女性はカロテノイドレベルの低い女性と比較して、乳がんのリスクが15〜20%も低いことが分かった。

 「カロテノイドレベルの高い女性ほど、乳がんの発症が減る傾向がみられました」とエリアッセン博士は話す。

 乳がん細胞の多くは、女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて、分裂・増殖する。つまり、エストロゲンが乳がん細胞の中にあるエストロゲン受容体と結びつき、がん細胞の増殖が促される。このように、エストロゲンを取り込んで増えるタイプの乳がんを「エストロゲン感受性乳がん」という。

 血中のカロテノイドレベルの高い女性では、エストロゲン感受性乳がんの発症も減ることが確かめられた。

 このタイプのがんのリスク要因としては、閉経後、出産歴がない、初産年齢が遅い、授乳歴がない、飲酒習慣があることなどが挙げられる。リスクを下げるためには、閉経後の女性では、運動を習慣として行う、野菜、果物、イソフラボンを十分にとることが有効と考えられている。

 カロテノイドががんの発症するメカニズムについて十分には解明されていないが、カロテノイドを摂取することで、脂溶性ビタミン(レチノール)の代謝が活発になったり、細胞間のコミュニケーションが改善し、がん細胞の成長が抑制されると考えられている。

 なお、カロテノイドの含まれるサプリメントの利用に関しては、冷静に判断した方がよいと、研究者は指摘している。「βカロテンのサプリメントを過剰に服用した患者で、肺がんのリスクが上昇したという研究などが報告されています。サプリメントについては多くの調査が必要です」とエリアッセン博士は指摘する。

 「野菜を十分にとることは、肥満や心疾患などの予防の観点からも勧められます。女性で、乳がんのリスクが低下することを確かめた意義は大きい」と研究者は強調している。

Women With Higher Carotenoid Levels Have Reduced Risk of Breast Cancer(米国立がん研究所 2012年12月6日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート