一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

乳がんを簡単な血液検査で早期に発見

キーワード: がん

 乳がんを簡単な血液検査で早期に発見できる方法を、カナダのアルバータ大学の研究チームが発見した。患者一人ひとりに合わせたテーラーメイド治療の実現につながる成果だとしている。

 乳がんを、早い段階で発見する有効な方法としては、マンモグラフィと超音波検査を組み合わせる検査が一般的に行われているが、近い将来に血液検査で発見できるようになるかもしれない。

 カナダのアルバータ大学の研究チームが、血液のDNAの遺伝子情報を調べることで、乳がんの再発を早期発見できる可能性があると発表した。

 遺伝子異常はDNAの塩基配列が変化して本来のタンパク質を合成できないことをいう。乳がんを再発した女性では、特定の遺伝子異常が高い頻度でみられるという。

 「乳がんの再発リスクを正確に予測できれば、乳がんの再発の可能性をみながら、患者一人ひとりに合わせたテーラーメイドの治療を行えるようになります。がんの再発を予防するための有効な方法を探す研究の進歩にもつながります」と、アルバータ大学クロスがん研究所のSambasivarao Damaraju氏は言う。

 開発された検査キットは、乳がんに多いルミナルA型に対応したものだ。ルミナルA型は女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)受容体が陽性で、HER2受容体が陰性のものをいう。乳がんになる女性の半数以上はこのタイプだ。

 ルミナルA型は、比較的悪性度が低いがんとされているが、がん再発によって命を落とす女性は少なくない。

 研究チームは、前年に乳がんの治療を受けた369人の女性の血液サンプルを検査し、寛解にとどまった女性214人と、再発した女性155人とで比較した。特定の遺伝子異常が高い頻度で発見された。

 この検査は顕微鏡による血液検査と同時に行えるので、乳がんの治療を改善する方法として期待できるという。「乳がんを早期発見する方法を確立できれば、抗がん剤を使わないで治療を行える症例を増やせます」と、研究者は述べている。

 この研究の資金は、カナダ乳がん財団とアルバータがん財団によって提供された。

Breast cancer discovery could help doctors tailor treatment(アルバータ大学 2013年1月16日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート