一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

肥満を防ぐ鍵は日光? 肥満者ではビタミンDが不足

キーワード:

 肥満や過体重の人は、ビタミンDの不足に陥りやすいという研究が発表された。ビタミンDは、骨を丈夫に保つ上で欠かせない。ビタミンDの不足により、さまざまな健康障害が引き起こされている可能性があると、研究者は指摘している。

 「ビタミンDは食品から摂取する以外に、日光を浴びることで皮膚で合成される栄養素です。ビタミンDは、不足するとさまざまな健康上の問題を引き起こすことから注目されています」と、英国のユニヴァーシティ カレッジ ロンドンのエリーナ ヒッポネン氏は話す。

 研究は、北米や欧州で実施された21件の研究をメタ解析したもので、合計4万2,024人が対象となった。肥満指数(BMI)が10%上昇すると、血中のビタミンD濃度が平均4%低下するという結果になった。

 肥満とビタミンD不足の関連は、女性や高齢者でより顕著にみられた。骨粗鬆症は女性や高齢者で多いことから、ビタミンDの不足が影響しているのではないかと研究者は推測している。

 「体重を減らして肥満を解消したり、体脂肪を減らせば、ビタミンDの不足はかなり改善する可能性があります」と、ヒッポネン氏は述べている。

 ビタミンDは、カルシウムが小腸で吸収されるのを助ける働きをする。いったん腎臓を通過して排泄されたカルシウムを、腎臓で再吸収させる作用もある。これによって、食事で摂取したカルシウムは、効率よく体内にとり込まれる。

 ビタミンDには、カルシウムの吸収を助けるだけでなく、古い骨を壊して吸収し、新しい骨をつくることで骨の新陳代謝を高める働きもある。骨や腎臓、腸管などに働きかけるだけでなく、細胞の増殖抑制作用や分化誘導作用、免疫系に関わる作用もあるとみられている。

 「毎日の食事で不足しがちな人は、日常生活で意識して紫外線を浴びることも必要です。ビタミンDを合成するには、晴れた日なら10~15分、曇っていれば30分程度屋外で過ごすとよいとされています」(ヒッポネン氏)。

 冬の時期は日光を浴びる時間が減るので、食品からビタミンDを摂取するなどして対策すると効果的だという。欧米では、ビタミンDを添加した乳製品やサプリメントが普及している。

 ビタミンDの摂取量を増やせば体重を減らせるということはないにしても、ビタミンDの不足は肥満と関連のあるさまざまな健康上の弊害と結びつきやすい。「肥満対策の一環として、ビタミンDの不足を減らすアドバイスも加えるべきです」と、研究者は指摘している。

Obesity leads to vitamin D deficiency(ユニヴァーシティ カレッジ ロンドン 2013年2月6日)

(Terahata)

関連トピック

全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート