一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

40歳からの運動 老後の認知症を防ぐ対策

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 認知症 抗加齢(アンチエイジング) 身体活動・運動不足

 40歳代のうちに運動をしていると、高齢になってから認知症を発症するリスクを下げられる可能性があるという研究が発表された。「運動を続けて体力を維持していれば、歳をとってから大きな恩恵を得られます」と、研究者はアドバイスしている。

 この研究は、米国の公的医療保険であるメディケアに加入している1万9,458人の男女を対象に、平均24年間継続して行われた。研究チームは、トレッドミルによる体力テストを行い、70歳時、75歳時、80歳時、85歳時に追跡して調査を行った。

 もっとも体力があると判定された人は、もっとも体力が低下していた人に比べ、65歳を超えてから認知症を発症する割合が36%低下していた。

 「運動を続けて体力を良好に維持していれば認知症を予防できると断言できないまでも、運動が恩恵をもたらす可能性は高いといえます」と、テキサス州ダラス市にあるクーパー研究所のローラ デフィーナ博士は言う。

 メッツ(METs)は、身体活動・運動を行ったときに安静状態の何倍の代謝(カロリー消費)をしているかをあらわした単位。安静時(横になったり座って楽にしている状態)を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示す。

 歩く、軽い筋トレをする、掃除機をかけるなどは3メッツ、速歩、ゴルフ、自転車に乗る、子供と屋外で遊ぶ、洗車するなどは4メッツ、軽いジョギング、エアロビクス、階段昇降などは6メッツ、長距離ランニング、プールでの水泳などは8メッツといったように、さまざまな活動の強度があきらかになっている。

 研究で、もっとも体力の高い人は最大で平均13.1メッツの運動能力をもっていた。一方、もっとも体力のない人は平均8.1メッツの能力があった。

 運動を続けて体力を高く保っていた人では、心疾患や脳卒中の発症も少なかった。「運動が脳機能にまで及ぼす影響はまだ全てが解明されたわけではありません。しかし、体の健康に良いことは、少なからず脳の健康にもつながることが、これまでの研究で示されています」と、デフィーナ博士は説明する。

 最近の研究では、認知症を発症に、発症から20年から30年前さかのぼった時期の生活習慣が大きく関わっていることがあきらかになっている。「歳をとってから認知症を発症するのを防ぐために、いま生活スタイルを改善するのが得策なのです」と、専門家は述べている。

 米国の運動ガイドラインでは、週に中強度の運動を150分、負荷のやや高い運動を75分行うことが勧められている。

The Association Between Midlife Cardiorespiratory Fitness Levels and Later-Life Dementia: A Cohort Study(米国内科医会 2013年2月5日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート