一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

リゾートでゆったり休養 健康増進の効果がはっきり

キーワード: 高血圧 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる

 休暇をとり旅行に出ることで、高血圧や睡眠の改善、減量といった効果を得られるという研究が発表された。「働きづめが続くのはよくありません。健康のためには休養をしっかりとることが大切です」と、研究者はアドバイスしている。

 モルディブ諸島のようなエキゾチックな観光地を訪れ、休養をしっかりとることで、血圧が降下し、睡眠が改善し、ストレスを解消し元気を取り戻すことができる。しかも休養の便益は2週間から数ヵ月続く――こんな研究が英国で発表された。

 調査は、英国の非営利の保健事業団体「ナフィールド ヘルス」が行ったもの。研究に参加した12人のボランティアに2012年夏に、健康診査を受けてもらった。

 睡眠パターンとストレスの回復をみるために、心臓モニターを72時間装着してもらった。食事や生活習慣についての健康教室にも参加してもらった。

 うち6人は休暇をとり、タイ、ペルー、モルディブ諸島を旅行した。残りの6人は本国に残り、休暇をとらず働き続けた。

 2週間が経過した後に、ストレスに関する心理のテストを受けてもらい、健康診査を再度受けてもらい、心臓モニターを72時間装着してもらった。

 その結果、休暇をとった群では平均して血圧が6%低下したのに対し、休暇をとらなかった群では2%上昇した。心電図モニターや脈拍数によりストレスの回復度を算定したところ、休暇をとった群では29%上昇したが、休暇をとらなかった群では71%低下した。

 休養をとることで得られる健康増進の効果は、休暇が終わってから2週間以上続くことも確かめられた。

 「休養をとることで、高血圧や睡眠が改善し、ストレスレベルが低下することが確かめられました。しかもこの効果は、休暇が終わってからも続いたのです」と、ナフィールド医療センターのルーシー ゴンドリー博士は言う。

 「休養は疲労やストレスと関連が深いのです。しっかり休むことで、仕事や活動によって生じた心身の疲労を回復し、もとの活力ある状態にもどすという面があります。休養を達成するためには、まず時間を確保することが必要で、特に、長い休暇を積極的にとることが目標となります」と、健診を担当したクリスティーン ウェーバー氏(精神療法)は言う。

 保健医療の専門家は、労働者は取得した休暇をフルに活用し、休養にあてるべきだと主張している。実際には、英国では3分の1が十分な休暇をとっていないという。

Medical benefits of holidays revealed for first time(Nuffield Health 2013年1月29日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年04月09日
「骨粗鬆症」による骨折患者の介護 4人に1人が離職・転職 76%が復帰には悲観的
2019年04月02日
松本市が掲げる「健康寿命延伸都市・松本」 新たな官民連携のあり方を提案
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート