一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

塩分摂取量を減らせば数十万人の命を救える

キーワード: 二少(少食・少酒)

 塩分の摂取量を減らせば、10年で数十万人の命を救うことができる――「米国人は塩分を摂り過ぎているので減らす必要がある」と、カリフォルニア大学の研究者らが発表した。

 塩分の摂り過ぎると、高血圧が引き起こされ、心筋梗塞などの心疾患や脳卒中の原因となる。これらの病気で毎年80万人の米国人が死亡している。米国心臓学会(AHA)によると、米国の全死亡者の半数近くは高血圧と関連があるという。

 高血圧の治療では、食事の見直しや適度な運動といった生活習慣の改善が欠かせない。なかでも重要なのが「減塩」だ。

 AHAのガイドイランでは、50歳以上の人は塩分摂取量を1日3.8g以下に抑えることを勧められている。

 実際には米国人は1日に平均約9gの塩分を摂取している。うち80%は加工食品や外食からとっており、家庭での摂取量は少ないという。

 研究チームは、どのような減塩モデルが効果的で、実現性が高いかをシュミレートした。

 その結果、塩分摂取量を次第に減らしていき、最終的に現在の摂取量の約4割を減らし1日5.6gに抑えた場合、10年後に28~50万人の命を救うことができるという予測を導き出した。

 さらに、ただちに同じ量の減塩を実行した場合、救える命は50万~85万人に増えるという。

 「調査では、塩分の制限は全ての年齢の人にとって有益であることが示されました。塩分を少し減らしただけでも死亡率は低下します」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のパメラ コクソン氏は言う。

 「加工食品や外食で塩分を摂り過ぎている場合、そうした食品を利用している限りは、"塩分を減らそう"と考えても実行するのは難しくなります。特に1日3.8gという厳しい目標を達成するのは困難でしょう。食品産業と協調して、食品に含まれる塩分を減らす対策が求められます」(コクソン氏)

 なお、日本人の塩分摂取量の平均は、年々低下してきているとはいえ、1日約10gとまたまだ多い。日本高血圧学会は減塩目標を1日6gとしている。

 日本高血圧協会が後援している「塩を減らそうプロジェクト」は、減塩対策として次のことを勧めている。

【外食での減塩】
 外食には多くの場合、塩分が多く含まれます。「ラーメンやそばのスープを全て飲まずに半分は残す」、「しょうゆやソースをかけすぎない」「弁当や外食の梅干しや漬物は残す」といった工夫で塩分を減らせます。

【家庭での減塩】
 調理するときは、塩を使いすぎないようにし、塩以外の調味料を活用しましょう。工夫をすれば、"薄味でもの足りない"と感じることなく塩分を減らすことができます。「みそ汁をつくるときは、出汁を上手に活用する」、「酢やとうがらしで味にアクセントを加える」、「柑橘類で香りづけする」といった工夫が役立ちます。

【減塩以外の工夫】
 野菜や豆類、低脂肪の乳製品などを積極的に食べましょう。これらに含まれるカリウムやポリフェノールには、体内の塩分を体外に排出する働きや、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

Reducing sodium in U.S. may save hundreds of thousands of lives over 10 years(米国心臓学会 2013年2月11日)
塩を減らそうプロジェクト

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート