一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

がんをもつ労働者本人への支援について 5つのヒント

キーワード: がん

 保健指導リソースガイドは、連載「がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~」(監修:錦戸 典子 東海大学大学院健康科学研究科)の、第2回「本人への支援」(執筆:岡久 ジュン 東海大学大学院健康科学研究科看護学専攻 修士課程)を公開しました。

 第2回のテーマは「本人への支援」とし、がんをもつ労働者本人への支援について5つのヒントを解説します。

 がんの部位やステージによって本人がたどる経過は様々で、産業看護職の所属によっては対応できることも異なることもあります。

 産業看護職として、中立的な立場で本人や上司、人事の思いを把握しながら、各々の主体性を高められるような支援をしていくことが大切とし、本人の支援に関する5つのヒントを紹介します。

「本人への支援」の視点に沿ったヒント5項目
  • ヒント1 定期的に体調と仕事の状況を確認します
  • ヒント2 ちょっとした困りごとにすぐに相談対応します
  • ヒント3 本人の自己決定を支えるための働きかけをします
  • ヒント4 精神面や情緒面をサポートします
  • ヒント5 プライバシーに配慮して、健康情報を含む個人情報を取り扱います

働く人のがん対策・オピニオン
「がんと就労~本人と職場を支える産業看護職のより良い支援とは~」

働く人のがん対策 トップページ

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート