一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

健康増進と生活の両立は難しい 時間配分の工夫が必要

キーワード: 二少(少食・少酒) 三多(多動・多休・多接)

 「運動になかなか取り組めないのは、仕事や家事が忙しいから」という人は多いが、家事に時間をとられてしまい運動に手が回らないという人も多いのではないだろうか。特に家庭を支える主婦は食事の支度や育児に多くの時間をとられる。

 「多くの人にとって、家事にあてる時間が10分増えただけでも、それだけ運動のために使える時間が減るというのが実情です。運動をする時間をつくりたいのなら、生活全体を見直す工夫が必要です」と、研究者は指摘している。
運動や身体活動に必要な時間は1日に45分
 肥満や生活習慣病の予防・改善のために運動が必要であることを多くの人が理解していても、実際に運動を十分に行っている成人は半分以下という調査結果を、米疾病対策センター(CDC)が発表した。

 米国が定める運動ガイドラインでは、ウォーキングなどの中強度の有酸素運動を週に2時間30分以上、1回につき10分以上の長さで行うことが推奨されている。

 それでも運動としてウォーキングに取り組む人は増えており、米国成人の約10人に6人がウォーキングを通じて体を活発に保っているという。

 「運動習慣のない人でも、多くは"運動をはじめたい"という意欲をもっています。今回の調査で、意外なものが運動を妨げていることば判明しました。それは1日の時間配分です」と、オハイオ州立大学の(公衆衛生学)のレイチェル テューミン氏は話す。

 テューミン氏ら研究チームは、米国の11万2,000人以上の成人を対象とした調査結果を解析した。調査ではある特定の日に調査日を定め、その前日の生活習慣に関するアンケートが全国で行われた。1日をブロックで区切り、仕事や家事、家庭で過ごす余暇時間などに振り分けて統計がとられた。

 米国人は家事に多くの時間を費やしている。家事の中で、もっとも時間がかかるのは、食事の支度であることが分かった。1日に食事の支度に要した平均時間は、男性は17分、女性は44分だった。

 一方、調査の前日に運動をしたという男性は16%、女性は12%だった。運動時間の平均は、男性は19分、女性は9分と少なかった。

 多くの人は、仕事や家事、育児などに割いた時間の残りを、食事の支度や運動のために使っていることが判明した。これは、食事を支度する時間が長引けば、それだけ運動にあてられる時間は減少することを意味する。

 「運動や身体活動に必要な時間は1日に45分程度です。45分の時間を作るために、私たちは生活の全体をみて調整をする必要があります」と、テューミン氏は話す。

 多くの人は1日を忙しく過ごしていて、特にフルタイムで働いている人や、子供をもっている人は、時間の配分が難しくなる。生活者を対象に詳しいアンケート調査を行ったところ、仕事や家事、育児などの時間は、1日の日課として固定されている人が多いことが判明したという。一方で、調整を行いやすいのは、食事の準備と運動に費やす時間であることも分かった。

 ふたつの生活行動は二律背反しており、追求すれば他方を犠牲にせざるを得ないという関係にある。この傾向は、未婚者よりも家庭をもっている既婚者や、子供のいる家庭でより顕著だった。

 「保健指導を行う者は、指導を受ける生活者の1日の時間配分にまで気を配る必要があります。運動が健康に良いことをいくら説明しても、実際には運動のための時間をとれないという人も多くいます。そうしたときには、効率的な時間配分を行う手段を一緒に考えてあげる必要があります」と、テューミン氏は結論を述べている。

Exercise or Make Dinner? Study Finds Adults Trade One Healthy Act for Another(オハイオ州立大学 2013年4月12日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート