一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

魚を食べると寿命を延ばせる 週2回食べるのが目安

キーワード: 二少(少食・少酒) 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接)

 魚を週に2回以上食べると心臓病の発症が減り、寿命を延ばせるという研究が発表された。魚に含まれるDHA(ドコサヘキサ塩酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、心筋梗塞の予防効果がある。

 脂肪酸はその組成により「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つに分類される。「不飽和脂肪酸」は、さらに「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類される。「オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)」は、多価不飽和脂肪酸の系統のひとつで、DHA(ドコサヘキサ塩酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、DPA(ドコサペンタエン酸)が代表的だ。

 DHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸は、マグロ、サバ、イワシ、サンマ、ブリなどの青魚に多く含まれる。これらの魚を多く食べる人では、血中のオメガ3脂肪酸が高くなっており、心筋梗塞などの心臓病の発症が減り、まったく食べない人に比べ平均2.2年長生きするという調査結果が発表された。

 長年、魚を食べる食事の習慣は健康的と考えられてきた。これまでの研究でも、心臓に良い脂肪酸やタンパク質が豊富な魚を食べると、心臓病による死亡リスクが下がることが確かめられている。しかし、実際に血中のオメガ3脂肪酸のレベルをはかり、死亡リスクにどれだけ影響するかを調べた研究は少ない。

 発表された研究は、ハーバード大学公衆衛生大学院(HSPH)とワシントン大学が共同で行ったものだ。「高齢者を対象に血中のオメガ3系脂肪酸レベルと死亡率との関係について調べたはじめての研究です」と、HSPHのダーリューシュ モザフィリアン氏は述べている。

 研究チームは、65歳以上の健康な高齢者約2,700人を対象に、16年間にわたり追跡調査を行った。研究開始時と期間中に、定期的に採血や身体検査、診察、さらに健康状態や既往歴、生活習慣についての質問を行った。

 循環器や生活習慣、食事などの因子を調整し、オメガ3系脂肪酸と各疾病による死亡率について分析したところ、血中DHAが高いと冠動脈疾患による死亡リスクが40%低く、中でも不整脈によるものは45%も低くなっていることがわかった。

 その他、DPAは脳卒中による死亡リスクを、EPAは非致死性の心臓発作リスクを下げることが確かめられた。さらに、これらのオメガ3系脂肪酸レベルの高い人は、あらゆる原因による死亡率が27%低下し、平均で2.2年長生きすることが示された。

 「魚をよく食べて、オメガ3系脂肪酸を高めることが、心臓血管を健康にし、高齢者にとっては長生きにつながることが確かめられました」と、モザフィリアン氏は話す。

 食事によるオメガ3系脂肪酸の摂取量と血中レベルとの関係をみると、1日あたりの摂取量が400mgを超えると、血中レベルが上昇し、それ以上の摂取量の人になるとゆるやかに上昇していくという傾向がみられた。魚を週に2回以上食べると、この量をほぼ満たすことができるという。

 オメガ3系脂肪酸は、マグロ、サバ、イワシ、サンマ、ブリなどの脂肪の多い魚に含まれる。これらの魚を、食事1回あたり140〜170g食べることを、研究者は勧めている。

Higher blood omega-3s associated with lower risk of premature death among older adults(ハーバード大学公衆衛生大学院 2013年4月16日)

関連情報
7つの健康習慣 6つ以上実行すると心疾患の死亡リスクが半減
塩のとりすぎは高血圧の原因 年間230万人が犠牲
赤ワインのポリフェノールが血圧を下げる

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート