一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

運動がアルコールによる脳へのダメージを軽減する

キーワード: 二少(少食・少酒) 三多(多動・多休・多接) 飲酒

 ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動には、アルコールの飲み過ぎによって起こる脳のダメージを修復する効果がある。加齢に伴う認知能力の低下を遅らせることも期待できる。米コロラド大学の研究者が発表した。

 脳には、神経細胞が集まっている「灰白質」、神経線維の集まっている「白質」などの層がある。アルコールを過度に摂取し続けると、灰白質が減少し、脳が小さくなる脳萎縮が起こることが過去の研究であきらかにされている。

 アルコール以外にも、高血圧や肥満、加齢なども脳萎縮の原因だ。高齢化が進み脳萎縮が進展すると、記憶力、注意力、意思決定力などさまざまな面で障害が出てくる。

 「大量に飲酒する人では脳萎縮が高い割合でみられることは分かっていました。飲酒量と脳萎縮の程度には正の相関がみられることも報告されています」と、コロラド大学ボルドー校のホリス カーロイ氏(神経科学)は話す。

 一方で、運動を習慣として続けている人では、アルコール飲酒による脳萎縮が改善されている傾向があることも分かっていた。「脳でどのような変化が起きているのかを調べる必要があります」と、カーロイ氏は説明する。

 研究チームは、飲酒習慣がある60人の被験者を対象に、「磁気共鳴画像装置(MRI)」によって、脳の画像診断を行った。「拡散テンソル画像(DTI)」という新しい検査法により、脳の神経の走行を詳しく分析した。

 被験者の3ヵ月の運動の頻度をアンケート調査したところ、週に1回しか行わないという人から、合計7時間の運動をしているという人までさまざまだった。

 結果は、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を行っている人では、大量飲酒を習慣としていても、脳萎縮が少なく、運動量が多い人ほど、脳萎縮の改善効果が高い傾向が示された。

 「脳の健康を維持するのに、健康的な食事や運動が役立ちます。特に運動は重要で、定期的な運動により、脳の血管や神経を保護する効果を得られる可能性があります」(カーロイ氏)。

 運動をどれだけ行えば、飲酒による脳のダメージを防げるのかは、今後の研究で詳しく調べる必要があるという。

 「ただし、運動をしていれば、アルコールを好きなだけ飲んでいいというわけではないので、注意してください」と研究者は指摘している。

Aerobic exercise may protect cognitive abilities of heavy drinkers, says CU study(コロラド大学 2013年4月16日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 飲酒

2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月26日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年11月26日
アルコールが乳がんリスクを1.5倍に上昇 女性ホルモンや発がん物質が影響? 日本人女性3万人を調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート