一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

適度なストレスは脳の活性化に役立つ

キーワード: 二少(少食・少酒) 三多(多動・多休・多接)

 ストレスが慢性化すると、心や体にさまざまな不調があらわれやすくなるが、ストレスは「百害あって一利なし」というわけではない。適度のストレスは、むしろ脳の働きを活性化するという研究が発表された。

 ストレスは肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの原因となる。保健指導では、ストレスを引き起こしている問題をできるだけ早く解決してためこまないようにすることが勧められることが多い。しかし、カリフォルニア大学の研究チームが行った動物実験によると、突発的なストレスが適度にあると、神経細胞が大幅に増殖し、むしろ記憶力の向上に役立つという。

 「たしかに過度のストレスが慢性的に続くと、心身に良くない影響があらわれます。しかし、適度なストレスがあると、むしろ脳内では特に記憶力に良い作用がもたらされることが分かりました」と、カリフォルニア大学バークレー校のダニエラ カウファー氏(統合生物学)は話す。

 カウファー氏はマウスをカゴに入れ、迷路を正確に通るとエサを与える実験を行った。ストレスを与えたマウスは、そうでないマウスに比べ、記憶力が向上するという結果になった。

 ストレスを受けると脳内に「グルココルチコイド」というストレスホルモンが増え、危機的な状況になり、中枢神経系に悪影響をもたらされる。ストレスを与えたマウスの脳内では、グルココルチコイドが増加していた。

 一方で、ストレスに対抗する作用も起こる。ストレスホルモンによって、脳の神経系を構成しているグリア細胞から、線維芽細胞増殖因子2(FGF2)と呼ばれる化学物質が活発に放出されるようになる。FGF2は神経幹細胞を増殖する働きをし、脳の活動を活性化する。

 「ストレスを与えたマウスの脳内ではFGF2が多く放出されていました。FGF2はうつ病の発症に関連があることが分かっており、興味深い結果です」と、カウファー氏は述べている。

 慢性的なストレスが続く多忙な生活は、食事時間の不規則、早食い、夜食など、内臓脂肪のたまりやすい食習慣をしばしば伴う。ストレスはうつ病のリスクも高める。

 しかし、たまに適度なストレスがある場合は、むしろ注意深さを引き出し、行動・認知能力のパフォーマンスを引き上げるのに役立つという。

 「記憶を司る海馬状隆起の働きを活発にするには、ある程度の時間が必要です。強すぎないストレスが持続することが、脳神経にも良い影響をもたらすと考えられます」と、カウファー氏は説明している。

Researchers find out why some stress is good for you(カリフォルニア大学 2013年4月16日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2018年01月17日
「電子たばこ」は禁煙の成功率を低下させる 禁煙治療を遠ざけるおそれ
2018年01月17日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月12日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年12月12日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月07日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年01月17日
尿1ミリリットルで「がん診断」 簡単な検査でがんを早期発見
2018年01月17日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年11月15日
インフルエンザの流行に備える 糖尿病の人に必要な5つの予防法
2017年10月27日
うつ病の予防に週1時間の運動 ウォーキングは気分を明るくする
2017年10月03日
日本の糖尿病有病者は1000万人超 予備群は減少 国民健康・栄養調査
全国生活習慣病予防月間2018少食
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
医療動画データベース「medoga(メドーガ)」
保健指導リソースガイド
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典