一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

食料品の購入は空腹時を避けるのが得策

キーワード: 二少(少食・少酒) 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 空腹時にコンビニに行き、カートを高カロリーの食品でいっぱいにしてしまった経験はないだろうか。過食を防ぎたければ、空腹時の買い物を避けた方が良い――こんな研究が米国で発表された。
買い物は軽く食事してからの方が良い
 「空腹時に買い物をすると、高カロリーの食品を買い求めがちになり、低カロリーの食品を選びにくくなる傾向がみられます」と、米コーネル大学のブライアン ワンシンク氏(心理学)は話す。

 ワンシンク氏は消費者の行動を予測する研究を行っている。食料品店で買い物をする客が、商品を購入するときの判断基準は何であるか、不明の点が多い。空腹であるかどうかが、食品の選択に潜在的な影響を与えている可能性があるという。

 ワンシンク氏らは、研究室と実地の2種類の実験を行った。結果は米国内科学会の学会誌に発表された。

 実験に参加したのは、18歳から62歳の男女68人。5時間以上食事をしないで、午後12時から午後5時までの間に、インターネットを閲覧してもらった。

 対象者を2群にわけ、片方はクラッカーを好きなだけ食べてもらい、もう片方は何も食べずに空腹の状態でいてもらった。

 参加者にインターネットのショッピングサイトで食品を購入してもらった。サイトでは高カロリーの食品と低カロリーの食品の2種類から選べるようにした。

 その結果、高カロリーの食品を、満腹の状態で買い物をすると平均で3.95品の食品を購入したのに対し、空腹時には5.72品目に増えていた。

 しかし、低カロリーの食品の点数(8.24品 対 7.76品)では違いはなかった。実験に参加した対象者の多くは、高カロリーの食品を買い求めている自覚をもっていなかったという。

 研究者は、多くの食料品店では、スナック菓子やアイスクリーム、アルコール飲料など、高脂肪、高塩分、高カロリーの食品が目立つところに陳列されており、消費者の購買意欲を促していると指摘する。

 「食料品店に行くときは、自分が空腹であるかを確かめることは大切です。空腹のまま買い物をすると、自分では気が付かないうちに、高カロリーの食品を買い求めてしまう傾向があります。買い物をする前に軽く食事をして、空腹のまま食品を買いすぎないようにする対策が必要です」と、ワンシンク氏は指摘する。

 研究チームは、実地での調査も行った。82人の参加者に、空腹感の少ない時間帯(昼食後の午後1時から4時)か、空腹感の強い時間帯(夕食前の午後4時から7時)のどちらかに、食料品店で買い物をしてもらった。

 その結果、後者は前者と比べ、高カロリーの食品を多く選ぶ傾向がみられた。空腹時に買い物をした群は、低カロリーの食品と高カロリーの食品の比率が2.48対3.96になっていた。

 過去には、MRI装置を利用して脳の変化を検出する脳機能イメージングの研究が行われた。「空腹時には高カロリーの食品に脳が反応しやすいことが分かりました。欲求が満たされるときに活動が高まる脳の領域である腹側線条体や中央前頭前野皮質などの、欲求に関わる領域の血流が増えていました」と、ワンシンク氏は話す。

 空腹の状態にある人は、低カロリーの食品よりも、高カロリーの食品を選ぶ傾向が強いことは、脳の働きからも説明できるという。

Don't shop hungry, pre-order lunch to make healthier choices(コーネル大学 2013年5月6日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート