一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

子供の高血圧が増えている 米国では13年間で27%増加

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接)

 米国の子供の血圧は、この13年間で27%も増えている。肥満の増加と、塩分の摂り過ぎが原因だと、専門家は指摘している。日本でも子供の高血圧は増加傾向にあるという調査報告があり、肥満や生活習慣病をめぐる状況で先行している米国の最新動向は他人事ではない。

 米国の8〜17歳の子供の高血圧が、この13年間で27%増えたことが大規模調査であきらかになった。体重と腹囲周囲径の増加と、塩分(ナトリウム)の摂り過ぎ、運動不足などが主な原因だという。この研究は、米国心臓学会(AHA)が発行する医学誌「Hypertension」に発表された。

 米国人は毎日、食塩を平均8.6g(ナトリウム相当量3,400mg)摂取している。これは、米国心臓学会が推奨する食塩相当量3.8g(同1,500mg)の2倍以上だ。ナトリウム摂取量の3分の2は小売店で販売されているジャンクフードフードや加工食塩などによるもので、4分の1はファストフードなどの外食からとみられている。
※日本人の食塩摂取量の平均は男性10.9g、女性9.4g(2011年国民健康・栄養調査)。

 高血圧は脳卒中や心臓病、腎臓病などの危険因子となる。「米国人の多くは塩分を摂り過ぎています。米国では多くの方が高血圧が原因で亡くなっていますが、塩分摂取量をコントロールすることで防げたはずの死亡数は、少なく見積もっても35万人に上ります」と、ハーバード大学医学部のバーナード ロスナー教授(公衆衛生・統計学)は話す。

 「自分が高血圧だと知らない人がたくさんいることが、高血圧をますます危険なものにしています。定期健診で血圧を定期的にはかり、高血圧を早期発見する必要があります。自分の最近の血圧値を常に覚えておくことが大切です」と、ロスナー教授は強調する。

 1回目の調査は、1988年〜1994年に行われた米国民健康栄養調査(NHANES)に参加した8〜17歳の子供3,200人を対象に行われた。また、2回目の調査は、1999年〜2008年のNHANESの参加者8,300人を対象に行われた。

 その結果、2回の調査を通じて、子供たちの80%以上が1日に食塩を5.8g(ナトリウム相当量2,300mg)以上を摂取していることが分かった。

 太りすぎの子供は2回目の調査で特に増えており、腹囲周囲径も増えていた。男子と女子を比べると、女子の方が腹囲周囲径の増加が顕著だった。また、男子の方が高血圧の割合は多かったが、高血圧の増加率は女子でも高かった。

 体重と腹囲周囲径の年齢グループの上位25%にいた子供たちは、下位25%の子供に比べ、約2倍の割合で血圧が高かった。両調査ともに、ナトリウム摂取が最も多かった子供は、最も少なかった子供に比べ、36%血圧が高かった。

 20歳以上の成人は、標準血圧は通常は120/80mmHg未満だ。子供や10代の若者の血圧基準は、年齢・性別・身長によって異なる。研究では子供たちの「血圧が高めである」と指摘されているが、高血圧症の診断はされていない。子供の場合は高血圧症と診断するためには、血圧測定値で3回連続で高値が記録される必要があるからだ。

 多くの研究で、食事に含まれる過剰な塩分と高血圧の関連が示されている。子供と若者の塩分摂取量を減らせば、収縮期血圧(最高血圧)を平均1.2mmHg、拡張期血圧(最低血圧)を平均1.3mmHg下げることができると、研究者は指摘している。

Elevated blood pressure increasing among children, adolescents(米国心臓学会 2013年7月15日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病とともに生きる人と家族を支援
2018年11月14日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年06月22日
アブラナ科野菜は「台所のドクター」 心疾患、脳卒中、がんのリスクを低下
2018年05月24日
2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
2018年03月05日
PCSK9阻害薬の適正使用フローチャート 動脈硬化学会が見解を表明

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月03日
米国糖尿病学会などが心筋梗塞・脳卒中の予防キャンペーンを開始
2018年11月14日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年10月26日
2型糖尿病患者の3人に2人に「心血管疾患」のリスク 130ヵ国を調査
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
全国生活習慣病予防月間2019少酒
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典