一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

7つの生活スタイルで脳卒中を予防 少しの違いが大きな差を生む

キーワード: 二少(少食・少酒) 脳梗塞/脳出血 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 ちょっとした生活スタイルの改善によって、脳卒中リスクを大きく低下できるという研究が発表された。米国心臓学会(AHA)が発行する医学誌「ストローク」に発表された。
ポイントが多くなるほど脳卒中リスクは低下
 米バーモント大学医学部のメアリー カッシュマン氏(血液学)ら研究チームは、AHAが提唱する7つの健康習慣(ライフズ シンプル セブン:LS7)の指標を使って、脳卒中の発症リスクを検討した。

 7つの健康習慣とは、(1)運動や身体活動を増やす、(2)コレステロールを適正に管理する、(3)健康的な食事、(4)血圧を適正に管理する、(5)適正な体重の管理、(6)血糖値を管理する、(7)禁煙する。

 研究チームは、全国の45歳以上の米国人2万2,914人を対象に、5年間追跡して調査した。参加者の多くは、米国でも脳卒中の発症が特に高いことが知られる南東部地域の住民だった。

 7つの健康習慣を、0〜4ポイントを「不十分」、5〜9ポイントを「平均的」、10〜14ポイントを「最適」と、3つのカテゴリーに分け採点した。ポイントが上がるほど、心血管にとって健康的な生活スタイルとなる。

 期間中に432人が脳卒中を発症した。7つの健康習慣は脳卒中の発症と密接な関連があり、ポイントが1つ上がるごとに、脳卒中の発症リスクは平均8%低下することが分かった。

 ポイント得点が不十分な人に比べ、脳卒中の発症リスクは最適な人では48%低下し、平均的な人でも27%低下した。

 「ポイントが低い人ほど、脳卒中を発症しやすいことが確かめられました。また、特に脳卒中と関わりの深いのは高血圧であることが分かりました。高血圧があって血圧コントロールをあまりしていない人に比べ、最適に血圧をコントロールできていた人では、脳卒中リスクが約60%低下していました」と、カッシュマン氏は話す。

 喫煙も脳卒中リスクを上昇させる。たばこを吸わないか、禁煙してから1年以上経過した人では、脳卒中のリスクが40%低下していた。

 米国では脳卒中が死因の第4位になっており、4分に1人が脳卒中で死亡している計算になるという。毎年約79万5,000人が脳卒中を発症している。脳卒中の罹病期間は長期にわたり、医療費を圧迫している。

 「肥満や運動不足、大量飲酒なども脳卒中リスクを高めます。生活スタイルを見直すことで、多くの場合で脳卒中を予防できます。脳卒中を発症してからでは、治療は難しくなり、発症前の状態に戻すのは困難になります。早い段階で脳卒中に対策してください。少しの変化が将来に大きな差をもたらすのです」と、カッシュマン氏は強調している。

Cushman Study Shows Small Lifestyle Changes May Have Big Impact on Reducing Stroke Risk(米バーモント 2013年6月6日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート