一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

サプリメントで脳卒中を予防 葉酸やビタミンBが効果的

キーワード: 二少(少食・少酒) 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接)

 サプリメントには、食事で摂取しにくい栄養素を補えるというメリットがある。葉酸、ビタミンB6、B12などの補給できるビタミンB複合剤は、よく利用されているサプリメントだ。ビタミンBのサプリメントを服用すると、脳卒中の発症リスクが低下するという研究が発表された。

 中国の鄭州大学のシュ― ユーミン氏(神経科学)らは、5万4,913人が参加した14件のランダム化臨床試験を分析した。参加者を、ビタミンBのサプリメントを服用する群、プラセボを服用する群、少ない量のBビタミンを服用する群に分け比較した。

 6ヵ月以上の調査期間中に、2,471件の脳卒中が報告された。データ解析の結果、ビタミンBのサプリメントの服用していた人では、脳卒中の発症リスクは約7%低下していた。ただし、すでに脳卒中を発症している人では、改善効果は認められなかった。

 ビタミンBが健康増進に有用とされるのは、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高める「ホモシステイン」という物質が体内で増えるのを防ぐ作用があるからだ。ホモシステインは、メチオニンというアミノ酸が体内で変化して作られるアミノ酸で、酸化される過程で酸素ラジカルを生じ、動脈硬化が引き起こすことが分かっている。

 ホモシステインは加齢に伴い血中濃度が高まるが、血中の葉酸、ビタミンB6、B12などのレベルを高めると、ホモシステインが体内にたまりにくくなる。

 ホモシステインは、おもに腎臓で代謝される。腎臓に障害のある人ではホモシステインが高値になり、心臓血管病変の危険因子となる場合もあるので注意が必要だ。

 葉酸は、アスパラガス、枝豆、オクラ、ブロッコリー、モロヘイヤなどの緑黄色野菜に多く含まれる。ビタミンB6とB12は魚介類や肉類に多く含まれる。

 「果物、野菜、低脂肪の乳製品、全粒穀物などをバランスよく食べることで、食事のクオリティが室が高まり、食事だけで推奨される栄養量をとれるようになります。しかし、推奨量を摂取できていない人も多くみられます。そうした人には葉酸やビタミンBなどのサプリメントが勧められます」と、ユーミン氏は話す。

 葉酸やビタミンBは水溶性ビタミンなので、多くは調理の過程で失われてしまう。また、消化吸収されるまでの代謝過程でさまざまな影響を受けるため、生体利用率は50%以下と推定されている。

 サプリメントであれば安定性が高く、体内で吸収・活用できる量も多い。また、葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12をそれぞれ単独で摂るよりも、組み合わせてとったほうがより効果的だ。これらの栄養素を組み合わせたサプリメントは容易に入手できる。

 ただし、サプリメントにはひとつの栄養素をとりすぎてしまうというデメリットもある。例えば葉酸は、「日本人の食事摂取基準(2010年版)」では、成人の上限量は1400μg/日とされている。通常の食品から摂取する場合と異なり、サプリメントを使いすぎると容易に上限量を超えることになる。

 「注意しなければならないのは、これらの栄養素の大量摂取には、弊害もあることです。葉酸の過剰摂取はビタミンB12欠乏症を診断しにくくすることも知られており、適切な量を摂取することが大切です」(ユーミン氏)。

 「ベジタリアンや動物性食品を控えている人には、ビタミンBのサプリメントを飲むことをお勧めします。ただし、足りない栄養素を補うためサプリメントを利用するときには、1日の必要量の100%を補う必要はありません。足りない栄養素の量は少しです。サプリメントを利用するときには、医師に相談することをお勧めします」と、ユーミン氏はアドバイスしている。

Can Vitamin B Supplements Help Stave Off Stroke?(米国神経学会 2013年9月18日)
Diet high in B-vitamins lowers heart risks in Japanese study(米国心臓学会 2010年4月15日)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート