一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

肥満は心血管疾患のリスク要因 死亡リスクが低いのはBMI22.4

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 日本を含む東アジアと南アジアの112万人以上を対象とした前向きコホート研究で、体格指数(BMI)が高い肥満の人では、心血管疾患などの死亡リスクが高まる傾向があることが判明した。心血管疾患は世界中で主な死亡原因のひとつであり、毎年1,700万人以上が心血管疾患が原因で死亡している。

 この研究は、ニューヨーク大学ランゴーン医療センターとフレッド ハッチンソンがん研究センターなどの研究チームによるもので、日本で行われた大規模コホート研究「JPHC研究」などの成果がいかされている。英国医師会雑誌「BMJ」に発表された。
「肥満」と「やせ」で心疾患リスクは上昇
 研究チームは、南・東アジアの112万4,897人(東アジア 83万5,082人、南アジア 28万9,815人)を対象に、平均10年間にわたり追跡した国際共同研究である「アジアコホート連合」(Asia Cohort Consortium)のデータを解析した。対象となったのは、東アジア(日本・韓国・中国・台湾・シンガポール)、南アジア(バングラデシュ・インド)の7ヵ国。

 BMIと心血管疾患(CVD)による死亡との関連を調べたところ、日本を含む東アジアでは、BMIが20.0〜22.4のときに死亡リスクはもっとも低くなり、やせ(BMI 15未満)や肥満(BMI 27.5以上)では死亡リスクが高くなるという「U字型」の相関が示された。

 脳卒中でも同様の傾向がみられ、BMIが20.0〜22.4のときに死亡リスクはもっとも低くなった。

 BMIは、2011年の全死亡リスクとの関連で示されたデータをもとに、22.5〜24.9を対照とし、10段階に設定した(15.0未満、15.0〜17.4、17.5〜19.9、20.0〜22.4、22.5〜24.9、25.0〜27.4、27.5〜29.9、30.0〜32.4、32.5〜34.9、35.0以上)。全体のBMIの平均は22.8(東アジア23.1、南アジア22.0)だった。

 平均9.7年の追跡期間中に,心血管疾患による死亡数は4万9,184人。地域別では,東アジアが4万791人,南アジアが8,393人だった。

心血管疾患と脳卒中の死亡率 BMI(体格指数)階層別
 「日本・韓国・中国・台湾・シンガポールなどの東アジア人は、体重変動がわずかであっても、心血管疾患や脳卒中のリスクが上昇することが分かりました。BMIが低い"やせ"や、BMIが高い"肥満"で、死亡リスクは上昇します」と、米ニューヨーク医科大学公衆衛生学部のユー チェン氏は述べている。
南アジア人と東アジア人の間では異なる結果に
 もう一つの重要な発見は、BMIと心血管疾患による死亡との関連は、53歳未満の東アジア人では強かったことだ。

 BMIの増加による心血管疾患の死亡リスクの上昇は、東アジアでは53歳以上(HR 1.17、95%信頼区間 1.10〜1.25))と比べ53歳未満(HR 1.38、同1.20〜1.58)でより高かった。

 「これは欧米の集団での観察結果と一致しています。中年期ではBMIの高い肥満が心血管疾患の重要なリスク要因となりますが、老年期では死亡リスクは上昇しませんでした。高齢になると体脂肪が多い方が生存利益がもたらされる可能性があります」と、チェン氏は述べている。

 一方、南アジアでは、BMIが高い方が心血管疾患のリスクは上昇傾向を示したが、いずれのBMIでも有意なリスクの変動は確認されなかった。脳卒中に関しては、BMI 35.0以上でのみ死亡リスクの有意な上昇が確認された。

 「南アジア人の心血管疾患のリスクを評価するため、今後の研究でウエストサイズ・太もも周り・ウエストとヒップ比率などを調べる必要があります」と、チェン氏は述べている。

Association between body mass index and cardiovascular disease mortality in east Asians and south Asians: pooled analysis of prospective data from the Asia Cohort Consortium(BMJ 2013年10月1日)
アジアコホート連合(国立がん研究センター がん予防・検診研究センター)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート