一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

子供に運動をさせる効果的な方法 運動キャンペーンを開始

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 運動

 世界的に子供の運動不足が深刻化している。子供に運動をさせるために効果的なのは、親が率先して運動に取り組むことだ。

 カナダのブリティッシュコロムビア医師会(BCMA)は、子供や若者が運動の習慣を身に付けてもらう目的で、「運動を毎日しよう(Be Active Every Day)」というキャンペーンを10月に開始した。カナダ各地の33ヵ所の学校で、1日60分以上の運動を行うことを目的に教育プログラムを実施している。
子供には毎日60分以上の運動を奨励
 肥満大国である米国やカナダでは、子供の肥満が過去30年間で2倍以上に増えた。2010年の調査によると、子供と10代の若者の3分の1以上に肥満傾向がみられ、原因は不健康な食事と運動不足だという。

 カナダ政府が設けた「運動・身体活動ガイドライン」では、子供に運動をさせることが勧められている。
・2歳以上の子供には、健康的な発育を促すため、中強度の運動を毎日60分以上行うことが勧められる。
・まとまった運動時間をとれない場合でも、30分×2、15分×4といったように、1日の合計時間が60分を超えるよう調整する。

 実際には、BCMAが5〜11歳の子供を対象に事前に行った調査によると、毎日1時間以上の運動をしている子供はたったの7%だった。

 BCMAの理事長であり小児科医であるウィリアム カニンガム氏は、学校を毎週訪れ、肥満を予防し成人してからの生活習慣病の発症を減らすために、子供に運動習慣を身に付ける大切さについて講義している。「運動不足は、肥満や高血圧、低HDLコレステロールを引き起こし、2型糖尿病や心臓病の原因になります。このことをもっとも自覚するべきなのは、実は親である大人です」と、カニンガム氏は指摘している。

 「もしもあなたが毎晩、テレビの前で寝転がって過ごし、テレビのリモコンやジャンクフードに手を伸ばす以外は体を動かさないという毎日を続けていたなら、子供はそれに習って運動不足になってしまうおそれがあります」(カニンガム氏)。

 なるべく車を使わず歩く、エレベーターを待たないで階段を上る、地域で運動クラスがあれば積極的に参加するといったように、大人が運動習慣を身に付ける努力をするべきだという。子供はそれをみて、自分も運動しなければならないという気になる。

子供に運動をさせる5つの方法
1. 子供に良い見本を示すのは大人の務め
 子供になって見習うべきもっとも身近なお手本は親です。あなたが運動に取り組む姿を見れば、子供も運動をするようになります。子供と過ごす時間に運動を取り入れましょう。週に1度は、家族とウォーキングや自転車での遠出に出かけてみてはいかがですか。運動習慣は子供だけでなく、あなた自身にも健康増進という「ボーナス」をもたらします。

2. テレビの視聴時間を制限する
 テレビやビデオゲーム、インターネット、タブレット端末に多くの時間を費やす子供が増えています。そうしたものに接する時間を減らし、もっと体を動かしましょう。テレビの視聴時間は、1日2時間までに制限するのが理想的です。

3. スポーツを奨励する
 バスケットボール、サッカー、ダンス、武道、体操など、スポーツに取り組む活動は地域に多彩にあります。そうしたスポーツのサークルの情報は、インターネットでも増えています。 子供を近所のスポーツチームに入れましょう。子供にとっては、体が鍛えられるだけでなく、社会的な交流も学ぶことができます。スポーツの技能を高めれば、子供の自信につながります。

4. 休日をアクティブに過ごす計画を練る
 運動やスポーツは慣れてしまえば楽しいものです。休日を活動的に過ごす習慣をつくりましょう。子供とビーチに行くときはバレーボールを持っていく、山を訪れるときはハイキングのためのディパックを持っていくなど、工夫すれば運動する機会はたくさんあります。運動によって体調が良くなるだけでなく、子供と過ごした忘れられない時間を作ることができます。

5. 運動に競争の要素を取り入れる
 運動に競争を取り入れることほど、子供たちに動機付けを与え夢中にさせるものはありません。「飼い犬を毎日散歩させること1ヵ月続ければご褒美をあげる」と子供に約束し、子供の運動への意欲を引き出した親もいます。運動に報酬の要素を加えてみましょう。

 この教育キャンペーンには、カナダ・フリースタイルスキー・スノーボード協会が支援しており、オリンピック代表選手のスキーヤーであるメルセデス ニコルさんや、モーグルスキーのカナダ代表であるアンディ ナウデさんらが、自身の運動経験について子供たちに講演する教育プログラムが組まれている。

 小児期の肥満は発育に悪影響をもたらし、国全体の肥満人口を増やす原因となる。10?13歳の子供に肥満傾向がみられると、成人してから80%が肥満になるとの調査結果も発表されている。

 肥満がもたらす医療負担費や経済的損失は年間9兆8,000億円(1,000億ドル)以上と推定されており、子供の肥満対策は国家的な急務となっている。

BC's doctors work with school kids to get them active 60 minutes every day(ブリティッシュコロムビア医師会 2013年10月4日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病とともに生きる人と家族を支援
2018年11月14日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年09月10日
介護予防に効果がある「百歳体操」の動画 大阪市が吉本興業と共同制作
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典