一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ガーデニングが高齢者の心臓病や脳卒中を予防 座ったままの生活は命取り

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接) 「多動」身体を活発に動かす 抗加齢(アンチエイジング)

 余暇時間をガーデニングやドゥ イット ユアセルフ(DIY)の大工仕事などに費やす高齢者では、心臓病や脳卒中で死亡するリスクが低下するという研究が発表された。「体をアクティブに動かす趣味をもつことが健康増進につながります」と、研究者は述べている。
ガーデニングが心臓病や脳卒中のリスクを減らす
 スウェーデンにあるカロリンスカ研究所のElin Ekblom-Bak氏らは、ストックホルム郊外に在住している平均年齢60歳の男女4,232人を対象に、平均12.5年追跡し、心臓病と身体活動の関連について調べた。

 健診を行い、血中脂質、血糖値、血液凝固因子など、心臓病や脳卒中に関わる検査値についてチェックし、食事やアルコール摂取、喫煙などの生活スタイルについて調査した。また、ウォーキングなどの運動、ブラックベリーの栽培などのガーデニングの趣味、家の手入れなどの日曜大工、自動車整備などのDIYなどを行っているかについても質問した。

 その結果、調査期間中に476人が心臓病を発症し383人が死亡した。運動習慣の有無に関わらず、ガーデニングやDIYで体を動かし、アクティブに過ごしている人では、心臓病や脳卒中の発症が少ないことが判明し、身体活動レベルがもっとも高い人では、もっとも低い人に比べ、心臓病のリスクが27%低下し、脳卒中のリスクが30%低下していた。

 「日常で身体活動を増やすことは、運動を奨励するのと同じくらい心臓や血管の健康のために重要です。ガーデニングのように、趣味の延長ではじめられる身体活動であれば、高齢者も取り組みやすいといえます」と、Ekblom-Bak氏は述べている。

 運動というと、スポーツジムに通い筋力トレーニングや水泳などをしなければならないと考える人が多いが、高齢者は一般にそうしたスポーツや運動を好まないという。また、運動習慣がない高齢者は、新たに運動に取り組むのを拒む傾向がある。ガーデニングであれば、日常の生活で取り組むことができ、次第に身体活動量を増やすことが可能だ。

 ガーデニングを本格的に始めると、かなりのカロリーを燃焼できるようになる。雑草や灌木の刈り込み、穴掘り、芝刈りなどの作業により、中強度のウォーキングと同じくらいのカロリーを燃焼できるという。

座ったまま過ごす時間が長いと健康寿命は短くなる
 平均寿命の延長にともない、高齢者の退職後にもつ時間は長くなった。多くの高齢者は、引退後、体を動かすことが少なく、1日をテレビの前で過ごし、運動不足が慢性化している。そうした生活が、肥満や2型糖尿病、心臓病などのリスクを高めている。

 Ekblom-Bak氏らは、「運動の習慣とは関係なく、テレビの視聴時間が1日に1時間ずつ増えると、メタボリックシンドロームになる割合が成人女性で26%上昇する」という論評を2010年に発表している。

 身体活動を増やすために、同じ場所に座ったまま過ごす時間をなるべく減らし、エレベーターよりも階段を使う、外出には車よりも徒歩で行く、デスクワークでは小まめに5分間の休憩をとり体を動かす、テレビのコマーシャルの時間には立ち上がるといった工夫が必要だという。

 「注意しなければならないのは、高齢者によっては下半身に不安をもっていて、運動に危険をともなう場合があることです。ふだんから下半身を鍛えておく必要があります」(Ekblom-Bak氏)。

 立ったり、歩いたりといった体を支える日常動作の基盤となる動作は、主に下肢の筋肉によって行う。そのため、強い「足腰」は、活動的な日常生活をおくる上で非常に重要となる。

 強い足腰を作るためのトレーニング方法として効果的なのは、座って立ち上がる動作を繰り返し行うスクワット運動だ。立ちあがる動作では太腿前の大腿四頭筋や股関節を伸展させるだけでなく、大臀筋など下肢全体の筋肉を鍛えることができる。

 「アクティブな日常生活は、心臓血管の健康と長寿につながります。運動の恩恵をより多く得るために、座ったまま過ごす時間を減らし、ワークアウトに取り組む時間を増やすことが大切です」と、Ekblom-Bak氏は述べている。

Activities of daily living increase survival among elderly(カロリンスカ研究所 2013年10月29日)

関連情報
家事と運動の両立が健康増進のカギ 家事だけでは運動量は不足
コミュニティ菜園で野菜作り 収穫は「肥満の解消」

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

テーマ ▶ 抗加齢(アンチエイジング)

2018年08月24日
簡単な体力テストで糖尿病リスクが判明 握力やバランス感覚が重要
2018年08月06日
2016年度の特定健診の実施率は51.4% 特定保健指導は18.8%で伸び悩み
2018年08月06日
「社会的な孤立」「閉じこもり」は危険 高齢者の死亡リスクが2倍超に
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月13日
水虫に対策するための8つの方法 高齢者の「白癬菌」は要介護のリスクに

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート