一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

痛風は若い世代でも増えている 遺伝との関係を解明

キーワード: 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接)

 風にふれただけでも激痛が走ることから名付けられた痛風。昔は贅沢な食生活をおくっている一部の富裕層の病気といわれていたが、近年は若年化や、女性患者の増加傾向もみられる。特に女性は閉経後、女性ホルモンの減少の影響で尿酸値が閉経前よりも平均して上昇しやすい。
高尿酸血症 遺伝的な要因も大きい
 忘年会、新年会など飲食の機会が増え、ついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまいアルコールやプリン体の過剰摂取が尿酸値を押し上げ、痛風発作を起こすケースが少なくない。健康診断を受診していないと、尿酸値の変化に気づかずに急に発症するケースもあるため、注意が必要だ。

 痛風は血液中の尿酸(細胞の老廃物)が多くなる「高尿酸血症」が続くことで、関節内にたまった尿酸の結晶(尿酸塩結晶)により激しい関節炎が起こる病気。尿酸値が7.0mg/dLを超えると「高尿酸血症」と診断され、治療の対象となる。尿酸値の高い状態が続くと、痛風発作を起こす以外に、腎臓病、高血圧、心臓病、尿路結石といった病気も発症しやすくなる。

 「なぜ尿酸が体内で増えるのかという原因については、不健康な食事や運動不足などが指摘されてきました。ただし健康志向の強い人でも痛風や高尿酸血症になることから、遺伝的な要因も大きいと考えられます」と、英国のノッティンガム大学のチャン フー クオ氏(リウマチ学)は言う。

 クオ氏らは、世界一の「痛風大国」である台湾の2,300万人(420万世帯)を対象とした調査を行ったところ、104万5,000人が高尿酸値血症と診断された。また、第1度近親者(両親・きょうだい・子供)に発症した人がいると、高尿酸血症の発症リスクが2倍に上昇することが明らかになった。

 第2度近親者(祖父母、孫、おじ・おば、姪・甥、異母・異父きょうだい)に痛風患者がいる人でも痛風リスクは高くなり、男性で1.27倍、女性で1.40倍に上昇した。本人の性別でみると、遺伝的要因と環境的要因の影響度は性別で異なり、遺伝的要因は男性では3分の1、女性では5分の1に及ぶことが分かった。

 「痛風は遺伝的要因、環境的要因の両方によって起こりますが、今回の研究から、遺伝的要因の影響が少なくないことが分かりました。近親者に痛風患者がいる人は、食事や生活習慣を改善することで痛風リスクを低下させることが大切です」と、クオ氏は述べている。

 予防するために必要なのは生活習慣の改善だ。とりわけ食生活の改善が重要となる。「発症した患者さんの多くは、食事からとるエネルギー量が多過ぎることが分かりました。毎日の食事の量や内容を見直し、腹八分目を心がけることが大切です」と、クオ氏は強調する。

 痛風や高尿酸血症を予防するために、研究者は次のことをアドバイスしている。

・ アルコールを飲み過ぎない
 プリン体は食事以外にも、肥満やアルコールによって体の中で作られるものがある。お酒の種類に関係なく、アルコール自体が尿酸を増やし、尿酸の排出も妨げてしまう。アルコールは、種類に関係なく、飲みすぎないようにすることが大切。

・ 食事でプリン体をとりすぎない
 レバーなどの動物の内臓や、魚の干物などには、プリン体が多く含まれている。プリン体が分解されると尿酸がつくられるので、これらの食品を、大量に食べたり、頻繁に食べたりしないようにする。

・ 適度に運動する
 適度な運動によって、肥満の解消や、痛風・高尿酸血症をはじめ生活習慣病を改善させる効果が期待できる。ただし、呼吸を止めて強い力を出すような激しい運動は、尿酸値に悪影響を与える。ウォーキングなど、十分に酸素を取り入れながら体を動かす有酸素運動が勧められる。
 忙しくて、運動の時間をとれない人も多い。「電車やバスを降りて1駅分歩く」、「エレベーターなどを使わず階段を使う」、「職場では遠くのトイレを利用する」など日常生活の工夫で、できるだけ歩くようにすることが大切。歩数計で歩数をチェックすれば、歩く距離を徐々に伸ばすことができる。

・ ストレスを解消する
 尿酸値が高い人には、仕事を精力的にこなす人が多いといわれている。過度のストレスが尿酸値を上げることがあるが、つい頑張りすぎて、過剰なストレスを受けがちになり、ストレスを自覚していない人も少なくない。休養をとったり、趣味を楽しんだりすることも大切だ。ウォーキングや軽い運動、睡眠、趣味を楽しむなど、自分にあったリラックスできるストレス解消法をみつけると効果的だ。

New evidence that 'gout' strongly runs in the family(2013年12月2日 ノッティンガム大学)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート