一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

睡眠ホルモンが前立腺がんのリスクを75%減らす 生活習慣が影響

キーワード: がん 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる

 睡眠に影響するホルモンである「メラトニン」が、進行性の前立腺がんの発症を75%抑えるという研究が発表された。良質な睡眠は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病だけでなく、がんの発症にも影響するという。
メラトニンは年をとると分泌量が減る
 メラトニンは、季節のリズムや概日リズム(サーカディアンリズム)の調節作用をもつホルモン。体内時計に働きかけることで、覚醒と睡眠を切り替えて、自然な眠りを誘う作用があり、「睡眠ホルモン」とも呼ばれている。

 メラトニンの分泌は主に光によって調節されている。夜中に強い照明の中にいるとメラトニンの分泌量が減り、体内時計が休息に適した状態に導かれず、睡眠覚醒リズムが乱れる原因となる。

 メラトニンは、年齢を重ねるとともに分泌量が減る。年をとると朝早く目覚めたり、夜中に何度も目が覚めるなど、若い頃より睡眠時間が減ってくるのは、加齢により体内時計の調節機能が弱まっているためと考えられている。

 一方、前立腺がんは、欧米だけでなく、日本でも発症数が増えている。男性の場合、他人事ではなく、中年以降になると誰でもがんになる可能性があり、50歳以降になると年とともにがんの発症は増えていく。

 前立腺がんは男性特有のがんで、50歳を過ぎた中年以降に多く発症する。米国では年間に23万人以上が発症し、男性の部位別にみたがんの第1位になっている。日本でも泌尿器科のがんの第1位で、がん全体でみると今後は肺がんに次ぐ第2位になると予想されている。

メラトニンが進行性の前立腺がんの発症を75%抑制
 ハーバード公衆衛生大学院の研究チームは、メラトニンが前立腺がんの発症を抑えることを、調査で突き止めた。

 研究チームは、アイスランド人の男性928人のメラトニン値を測定し、平均7年間追跡し調査した。その結果、期間中に111人が前立腺がんと診断され、うち24人は進行性のがんだった。

 メラトニンの分泌レベルが中央値よりも高い男性は、低い男性に比べ、進行性の前立腺がんを発症する割合が75%低いことが明らかになった。

 「メラトニンは、不眠症や睡眠障害と深い関わりがあります。メラトニンの分泌異常は概日リズムの乱れや抑うつ、ストレス、生殖能力などにも関連している可能性が報告されています」と、ハーバード公衆衛生大学院のサラ マルクト氏は話す。

 また、ウォーキング、ランニング、自転車、水泳などの運動や、ガーデニングなどの身体活動をよく行う男性では、進行性の前立腺がんの発症が少ないという報告も発表されている。

 「睡眠障害に悩まされている人は、がん発症のリスクも抱えている可能性があります。睡眠や運動を含め生活習慣を見直すことが、がんの予防につながります」と、マルクト氏は指摘している。

メラトニンの分泌を高める生活スタイル
 メラトニンの分泌を高めるために効果的なのは、規則正しい生活をすること。サーカディアンリズムを乱さないために、研究者は次のことを勧めている。

 (1)就眠する2〜3時間前に、光にあたり刺激を受けることを防ぐ。コンビニの照明や、テレビ、パソコンのモニターも、必要以上に見ないようにする。

 (2)寝室の睡眠環境に明るい照明を持ち込まない。光が刺激になり、メラトニンの効果を相殺してしまう。

 (3)就眠する2〜3時間前に、コーヒーや緑茶などカフェインの入った飲料を飲まない。カフェインはメラトニン分泌を抑制する。夜食も避けた方が良い。

 (4)朝は決まった時間に起き、朝日を浴びる。光を浴びると、脳にある体内時計の針が進み、体内時計がリセットされて活動状態に導かれる。

Melatonin May Lower Prostate Cancer Risk(米国がん学会 2014年1月19日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート