一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

週数回のウォーキングが脳卒中を防ぐ 更年期の女性は運動を

キーワード: 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接)

 ウォーキングなどの適度な運動を続けることで、女性が脳卒中を発症する危険性は20%低下するという調査結果が発表された。ホルモン置換療法を受けている女性でも、脳卒中の予防効果を得られるという。
ウォーキングを3年間続けた女性で脳卒中リスクが20%低下
 この研究は、米国の13万3,500人の女性が参加して行われている大規模前向き研究「カリフォルニア教師研究」(California Teachers Study)の成果。

 1996〜2010年の5年間、50歳以上の閉経後の女性の脳卒中の発症について調査した。結果は、サンディエゴで開催された米国脳卒中学会会議で発表された。

 その結果、ウォーキングやテニスなど中強度の運動を3年間続けていた女性では、脳卒中を発症するリスクが20%低下したことが判明した。

 「運動をすることで脳卒中の発症を抑えられることは以前より知られていましたが、どのような運動をすれば良いのかは分かっていませんでした」と、イリノイ大学ベックマン研究所のソフィア ワング氏は話す。

 脳卒中の発症がもっとも少なかったのは、ウォーキングなどの中強度の運動を行っていた女性だった。より活発なランニングなど運動を行った女性よりも、脳卒中の発症は少なかった。

 「運動ジムに通いはじめて、テレビで放送されているブートキャンプのような激しい運動を行う必要はありません。健康のための運動は、余暇のウォーキングやテニスでも十分に効果を得られます。それらは特別に料金を必要とするわけではなく、手軽に取り組めます」と、ワング氏は指摘する。

ホルモン補充療法を行っている女性でも運動の恩恵は大きい
 女性では、閉経期前後の約5年間に卵巣ホルモンである「エストロゲン」の分泌が減少し、更年期障害が起こる。

 更年期には、体調がすぐれなかったり、さまざまな症状が引き起こされるが、適度な運動を行うことで、更年期症状を緩和しストレスを解消できる。

 減少したエストロゲンを薬で補う「ホルモン補充療法」も、治療効果が高く、欧米では一般的な治療法だ。

 しかし、ホルモン補充療法を長期続けている女性では、そうでない女性に比べ、脳卒中のリスクが30%高まるることが報告されている。

 研究では、ホルモン補充療法を行っていて、運動を続けていた女性では、脳卒中の発症リスクは上昇しないことも明らかになった。

 エストロゲンは骨からカルシウムの消失を防ぎ、腸管からのカルシウムの吸収を助けている。更年期以降の女性は、骨粗鬆症の発症率も高まる。

 エストロゲンには、脂肪の燃焼に関わりエネルギーを消費を促す作用をする。脂質代謝異常による動脈硬化、心筋梗塞、認知症などにも関連がある。

 「更年期に伴い発症が増える病気を予防するためにも、運動はとても大切です。ウォーキングは誰でも取り組める運動です。40歳を過ぎた女性には、運動を習慣として行うことをお勧めします」と、ワング氏はアドバイスしている。

Moderate exercise cuts women's stroke risk, helps offset increase risk from hormone therapy(米国心臓学会 2014年2月13日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート