一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

座っている時間が長いと健康リスクに 高齢者で身体障害が増加

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 三多(多動・多休・多接)

 座って過ごす時間が長いことは、60歳以上の人にとりわけ危険だ。「座っている時間が長い高齢者では、身体障害のリスクが増加する」という調査結果が発表された。「座ったまま過ごす時間を少しでも減らす工夫が必要です」と、研究者は指摘している。
座ったまま過ごす時間を減らす工夫が必要
 もしもあなたが60歳以上であれば、座っている時間が長いことが、障害リスクに結びつくことを知っておいた方がよい。1日の中で座ったままの時間が1時間増えただけで、障害リスクは2倍に上昇するという。「立ち上がって体を動かす時間を少しでも増やす工夫をするべきです」と、研究者はアドバイスしている。

 この研究は、米ノースウェスタン大学の研究者によるもので、米全国健康・栄養調査(NHANES)に参加した60歳以上の男女2,286人から集めたデータに基づいている。調査の参加者に2002〜2005年に、活動量計を身に付けてもらい、1日の身体活動を記録した。

 その結果、平均して1日に9時間を座ったまま過ごしており、3.6%が身体障害をもっていることが分かった。座ったまま過ごす時間が長いと、身体障害が増えることが判明した。

 ここに65歳の女性が2人いたとする。統計的には、座ったままの時間が1日13時間の女性は、12時間の女性に比べ、身体障害のリスクが50%高くなる計算になるという。

 現代生活は、座ったまま過ごす時間が長く、立ったまま過ごす時間が短い。「高齢者の生活では座りがちになりますが、テレビを見る時間や、コンピュータを使うなど、座ったままの時間を少しでも減らす工夫が必要です」と、ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部のドロシー ダンロップ教授(公衆衛生学)は話す。

 座ったまま過ごす時間を減らすために、ダンロップ教授は以下のことを提案している。

1. 電話や仕事のミーティングなどで人と話すときは、立ったまま行う。

2. スーパーマーケットに買い物に行くときや、歩いて行ける一番遠い場所に駐車する。

3. 朝起きたときや仕事中に休憩して水を飲むときに、ついでに歩く。家やオフィスの周りを歩くことを習慣にする。

4. ちょっとした用事があるときは、車でなく徒歩で行く。

5. エレベーターやエスカレータを使わず、階段を使う(ただし、無理しすぎない)。

6. スマートフォンのアプリや歩数計などを活用して身体活動量を測定すると、立位時間を増やすための動機付けになる。インターネットを利用し仲間を作り、互いに励まし合うと効果的だ。

運動習慣があっても座位時間が長いと障害リスクは上昇
 高齢化が進む米国では、食事や入浴、就寝といった日常の基本的な活動に支障が出る「ADL障害」をもつ人が増えている。こうした障害は医療コストを4倍に高め、5,600万人の生活に影響していると推定されている。

 たとえ運動をする習慣をもっていたとしても、座位時間が長いと障害リスクは上昇するという。

 「日常で体を動かす時間が少ないことと、運動不足は、同じことではありません。たとえ運動を習慣として続けていても、座ったまま過ごす時間が長いと、障害リスクは上昇するのです」と、ダンロップ教授は話す。

 もちろん今回の研究は一時点でのデータを調べたものであり、運動不足や座位時間が長いことが直接的に身体障害につながるわけではない。

 しかし、テレビを見る時間が1日6時間の人は、まったく見ない人に比べ、健康寿命が5年短くなるという調査結果も発表されている。「座ったまま過ごす時間が長いことが潜在的に障害につながることに注意するべきです」と、ダンロップ教授は強調している。

New Sitting Risk: Disability After 60(ノースウェスタン大学 2014年2月19日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート