一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

スマホは育児の敵? 食事中にスマホに気を取られる親が増えている

キーワード: 三多(多動・多休・多接)

 食事は親子の団らんの時間であるべきだが、米国で行われた研究によると、多くの親は食事中にスマートフォンに気をとられ、子供の会話がおろそかになっているという。
スマホに没頭し子供に注意を払わない親
 生活を便利・快適にするために登場したはずのスマートフォンだが、夜間に使用すると睡眠障害の原因になる可能性が指摘されるなど、諸々の悪影響を指摘する声があがっている。最新の調査では、スマホが家族団らんの食事の時間を脅かしていることが明らかになった。

 「親子の対話は、子供の認知能力や言語能力、感情面での発達において重要です。スマホに奪われた時間は、子供と対話するための大切な時間であったかもしれません」と、ボストン医療センターのジェニー ラデッキー氏(発達行動小児科学)は言う。

 ラデッキー氏らは、ボストン近郊のファーストフード店で食事をしていた家族を調査した。対象となる家族は最低でも大人1人と、10歳以下とみられる子供1人を含むグループだった。

 ラデッキー氏らは近くのテーブルに潜めて、親がスマホを使用しているかも含め、親子の対話の様子を詳細に観察した。

 すると、食事中にスマホを取り出した親は、55組中40人(73%)に上った。スマホをまったく取り出さなかった親は15人、テーブルの上に置いたがほとんど手を付けなかった親は3人だった。

 食事中にスマホの操作に没頭していた親は16人に上った。また9人は、スマホに没頭することはあっても、それ以外の時間は子供に注意を払っているように見えた。さらに、8人は食事が終わるとスマホを取り出した。

 一方で、スマホの操作にずっと夢中になり、子供にまったく注意を払わなかった親も3人いたという。

親子の対話は子供の健康な発育に必要
 「スマホは情報伝達の技術としては画期的ですが、親子の対話の代償となるものではありません。食事中にスマホの操作にかかりつけになっていた親は、子供の対話に熱心でない、あるいは否定的である傾向がみてとれました」と、ラデッキー氏は説明する。

 子供の反応もさまざまだった。親がスマホをいじるのを受け入れて、おもちゃで遊んだり、隣の子供と遊ぶのに夢中になったり、気にしている様子を見せなかった子供もいたが、ほとんどの子供は親の気を引こうとする素振りを見せたという。

 親が子供にもたらす影響は、子供にとって大変に大きい。子供は親の注意を独占したいという欲望を態度にあらわす。それができないと理解すると、否定的な別の方法を模索しはじめる可能性がある。

 また、親子の会話は、子供の語彙の発達に大きな影響をもたらす。子供は親との会話を通じて、言葉を覚えるのが一般的だ。「食事時間に親子の会話が失われるは良いことではありません」と、ラデッキー氏は指摘している。

 親のスマホの使用が、子供の発育や成長にどのような影響をもたらすかは不明だ。プラス面とマイナス面、中立的な面など、さまざまな影響が考えられるという。

子供の健全な発育のために親ができること
 最近のスマホは、電話やメールの送受信ができるほか、ネットの閲覧や音楽鑑賞、ビデオの鑑賞、アプリの利用まで、さまざまな機能が付いている。

 「テレビが普及し始めたときも、親子の会話が損なわれると話題になったことがありますが、スマホはより複雑で、アクセスも自由にできます。今後どのような影響があるのか予想できません」(ラデッキー氏)。

 ラデッキー氏は、子供の健全な発育のために、親は次のことを心がけるべきだと説明している。

・ 子供と遊び、対話をする時間を毎日つくる。親との対話により「子供は心に窓をつくる」。

・ 子供に注意を払い、問題解決や、感情をコントロールする方法を学ぶのを手助けする。

・ 子供の話に耳を傾けるときは、テレビを消して、モバイル機器の電源を切り、子供の話に集中するようにする。

・ 食事時間は、子供との関係を強くする貴重な機会となる。食事をなるべく子供といっしょにとり、活用するようにする。

Patterns of Mobile Device Use by Caregivers and Children During Meals in Fast Food Restaurants(米国小児科学会 2014年3月10日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート