一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

デスクワーク中心の人の運動不足を解消 運動は生産性も高める

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 「健康のために運動をした方が良い」と頭で理解していても、「なかなか時間をとれない」という人は多い。仕事に使うワークステーションに運動器具を取り付ければ、いつでも運動できるようになり、仕事の生産性も高まるという研究が発表された。
デスクワークが中心の労働者には運動が必要
 トレッドミルは、屋内でウォーキングやランニングを行うための健康器具としておなじみだ。机にトレッドミルを設置し「トレッドミルワークステーション」を作ると、運動不足を解消できるだけでなく、仕事の能率も向上することが判明した。

 この研究は、テキサス大学、メイヨークリニック、ミネソタ大学の研究者が参加した産学連携学際プログラムとして実施された。結果はオープンアクセスの科学誌「PLoS One」に発表された。

 研究チームは、トレッドミルと机が合体したワークステーションを開発し、従業員200人規模の非営利の金融サービス業を営む会社に協力してもらい、オフィスに据え付けた。

 完成した「トレッドミルワークステーション」は、通常は机として使え、座ったまま作業できるが、ボタンをひと押しすると天板の部分が持ち上がり、トレッドミルに早変わりするというものだ。

 デスクワークが中心で、日中は体を動かす時間が少ない従業員40人に参加してもらった。参加者に52週間、その机で仕事をしてもらい、活動量計を身に付けてもらい身体活動と消費エネルギーを計測した。

 参加者は、座る、立つ、歩くという好きなスタイルで仕事をできるようになっていた。勤務時間中に、時速3.2km(2マイル)までという制限を付けて、自由にウォーキングをできるようにした。

 その結果、トレッドミルワークステーションを使った参加者は、そうでない人に比べ、1日の身体活動量が平均して74kcal増えていた。

 体重70kgの人がゆっくり30分歩くと、約90kcalを消費できる。1年間続ければ3万2,000kcalを燃焼できる計算になる。

運動することで労働生産性も向上
 「トレッドミルで運動した参加者は活動的になっただけではありません。驚くことに労働生産性も向上したのです」と、テキサス大学のダーラ ハーマン准教授(社会学)は話す。

 参加者に仕事の能率について自己評価してもらったところ、職場の平均が7.5ポイントだったのが、トレッドミルを使った参加者は52週後に最大で1.5ポイント近く上昇していた。

 運動には、カロリーの摂取量と消費量のバランスを改善し、減量の効果がある。糖尿病や高血圧症、脂質異常症の予防・改善の効果もある。

 運動すると爽快感を得られ、活動的になることを実感している人は多いだろう。運動がもたらす恩恵はそれにとどまらない。運動することで、脳内の神経伝達物質の活動が活発になり、ストレスに強くなることが過去の研究で確かめられている。

 仕事中に運動の要素を取り入れると運動不足を解消できるかもしれないが、仕事中に運動するのは無理だという人がほとんどだ。「今回の研究は、職場に運動器具を設置するなどの社員の福利厚生プログラムは、生産性向上の点でも効果的であることを裏付ける結果になりました」と、テキサス大学のデイビッド コージー准教授は話す。

 「企業の生産性を向上するために、コンピュータやITツールを拡充し対策する企業は多いのですが、従業員の健康管理をしっかり行い、運動を奨励することが、結果的には企業の収益増加につながる可能性があります」と指摘している。

Ut Arlington Research Says Treadmill Workstation Benefits Employees, Employers(テキサス大学 2014年3月12日)
Treadmill Workstations: The Effects of Walking while Working on Physical Activity and Work Performance(PLoS One 2014年2月20日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年08月28日
日本人は肥満ではなくても脂肪肝になりやすい サルコペニア予備群の段階で対策を
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート