一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ジャンクフードが疲労や怠惰の原因? 健康的な食事で解決

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH 「少食」食事は腹7~8分目 食生活

 栄養価の低いジャンクフードを食べ過ぎて、運動不足が続くと、肥満になるだけでなく、怠惰になりやすい――もしもあなたが最近、疲れやすいと感じているのなら、原因は食べ物にあるかもしれない。
ジャンクフードを食べ続けると、体が疲れやすくなる
 ジャンクフードを食べる生活が長く続くと、疲れやすく怠けがちな生活スタイルが定着しやすいことが、米カリフォルニア大学が行った実験で明らかになった。

 「怠惰であるからジャンクフードを食べるのではなく、ジャンクフードを食べ続けた結果、体が疲れやすくなり怠惰になるではないか」と、研究者は考察している。

 同大学のアーロン ブレイスデル教授(認知行動学)らは、32匹のメスのラットを2群に分け、以下のように、それぞれ2種類の食事を6ヵ月間与える実験を行った。
(1)標準食群:穀物や魚の粉を中心とした加工度の低い材料で作ったエサを与える。
(2)ジャンクフード群:糖分が多く加工度が高い、栄養価の低いジャンクフードの近いエサを与える。

 3ヵ月後、ジャンクフード群は標準食群よりも顕著に体重が増えていた。肥満になっただけでなく、動きが緩慢になり、疲れやすくなっていた。

 この実験では、ラットが食事や水を得るためには、自分でレバーを押す作業をしなければならない仕組みになっていた。ジャンクフード群のラットは、その作業能力が低下していただけでなく、作業の中断時間が標準食群のラットより2倍も長いことが判明した。

 さらに、実験開始から6ヵ月後に、9日間にわたりラットの食事内容を両群反対のものに切り替えた。しかし、それによってジャンクフード群だった肥満ラットたちの体重が減ったり、作業能力が改善したりすることはなかった。

 一方、標準食を食べ続けたスリムなラットは、急に体重が増加したりはせず、作業能力の低下もみられなかった。

食事スタイルを変えれば、心身ともに劇的に改善
 「ジャンクフードを食べる生活が長く続くと、疲れやすく怠けがちな生活スタイルが定着しやすくなり、たとえ健康的な食事に切り換えたとしても、改善するのは難しいことが示されました」と、ブレイスデル教授は述べている。

 「人間の場合でも、なかなか作業能率が向上しないと、"怠け者"や"自己管理ができていない"と言われがちです。実は原因が食生活にあるかもしれないと疑ってみるべきです」。

 ジャンクフードは、入手しやすく食べやすいことから人気を得て、世界中で多くの人が利用しているが、ジャンクフードを食べることで生活が怠惰になり、さらにジャンクフードを食べたくなるという「悪循環」に陥っている可能性がある。

 平日は忙しさにかまけて、ジャンクフードを食べ続けて、休日だけ健康的な食事に切り換えたとしても、効果はあまり期待できないという。健康的な食事スタイルを積み重ねることで、肥満を予防でき、疲れにくい体をつくることができる。

 ブレイスデル教授は現在45歳だが、5年以上前から食事改善に励んでいるという。加工食品や精製されたパンやパスタ、穀物や砂糖をなるべく控えるようにし、肉や魚介類、卵、野菜、果物などの、加工されていない自然食品をとるようにした。

 「わたしたちの先祖が食べていたような食品を選んで食べるようになりました。その結果、心身ともに劇的な改善をしました」と、ブレイスデル教授は言う。

 食生活を変えることで、認知能力にも大きな改善がみられたという。「生活はエネルギーに満ちたものになり、思考は明瞭にはっきりとしたものになりました」と述べている。

 現代人の多くは、運動不足や、栄養価の低い食品を食べる生活スタイルが定着している。そのことが肥満や2型糖尿病の増加につながっている。「もっとも身近な食事を見直すことが、改善に向けた第一歩になります」と、ブレイスデル教授は強調している。

Does a junk food diet make you lazy? UCLA psychology study offers answer(カリフォルニア大学 2014年4月4日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

生活習慣 ▶ 食生活

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年08月28日
日本人は肥満ではなくても脂肪肝になりやすい サルコペニア予備群の段階で対策を
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート