一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

40代からはじめる運動 運動をはじめるのに遅すぎることはない

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 「多動」身体を活発に動かす 身体活動・運動不足

 これまで運動をしてこなかった人が、40歳を過ぎてから運動しても、心臓が健康になる効果を得られることが明らかになった。

 規則的な運動や活発な身体活動が、心臓病の予防に有用であることはよく知られている。しかし、年齢が40歳を過ぎていて、「これまで運動をしたことがない」という人は、「いまさらはじめても、効果はあるのかな?」と感じることがないだろうか。

 そんな疑問を解決する研究結果が、フランスのレンヌ大学スポーツ科学部のデイビッド マテロット氏らによって発表された。「40歳を過ぎてから運動をはじめても、十分に効果を得られます。運動をはじめるのが遅すぎるということはありません」とアドバイスしている。

40歳からはじめる人のための運動
 研究には、55~70歳の心臓血管系の病気のリスク要因のないフランス人40人が参加した。「運動習慣があるか」、「どれくらい運動しているか」、「いつ頃から運動をはじめたか」などを尋ねた。

 回答をもとに、参加者を次の3つのグループに分けた。
(1)週に7時間以上の運動をしていて、30歳以前にはじめた人。
(2)週に7時間以上の運動をしていて、40歳以降にはじめた人。
(3)これまで週に2時間以上の運動をしたことがない人。

 運動の内容はジョギングやサイクリングで、(1)の30歳以前に運動をはじめたグループは平均39年間、(2)の40歳以降にはじめたグループは平均18年間、運動を続けていた。

 参加者の心臓血管系の健康に関するデータと、運動習慣の関連を調べると、興味深い事実が明らかになった。運動をしている人では、運動をはじめた年齢に関わらず、心臓の健康状態が向上していることが確認された。

 まず、運動をしている人では、安静時心拍数が明らかに改善していることが示された。(1)のグループの平均は56.8bpm、(2)は58.1bpm、(3)は69.7 bpmだった。

 最大酸素摂取量でも差が出た。まったく運動をしていない人が低かった(33.0mL/min/kg)のに対し、運動をしている(2)と(3)のグループでは向上していた(それぞれ44.6mL/min/kg、47.3mL/min/kg)。

運動をはじめるのに遅すぎることはない
 「注目すべきなのは、30歳以前にはじめた人と40歳以降にはじめた人とでは、体力指標に差が出なかったことです。40歳以降にはじめた人でも、明らかに体力は向上していました。運動をはじめるのに、遅すぎるということはありません」と、マテロット氏は述べている。

 心臓超音波検査で調べたところ、左心室と両心房にも機能改善がみられ、血管壁が厚くなっていた。拡張機能も向上していた。

 心臓の健康のための持久力トレーニングは、1回につき30分以上の運動を週に3回以上おこなうのが良いと考えられている。持久力を高める運動はウォーキング、ジョギング、水泳、自転車などがあげられる。

 ただし、持久力トレーニングは骨密度や筋肉量、酸化ストレスなどに対して有益な効果をもたらすが、この点では若い頃に運動習慣を開始したほうが有利だ。運動習慣のない人が運動をはじめるときや、すでに高血圧や糖尿病などの病気のある人は、主治医に相談することを勧めている。

 「この年ではじめるのは、もう遅いかも・・・」と、ためらっている人も、早速今日からでも運動の習慣を取り入れてはいかがだろう。

40 is not too old or too late to start endurance training(欧州心臓学会 2014年5月9日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート