一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

睡眠不足は脳の老化を早める 睡眠の時間と質を高める工夫が必要

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる 認知症

 睡眠時間が短く、質が低下していると、脳の認知機能の低下につながるという研究が発表された。高齢者で増えている認知症を防ぐために、睡眠の時間と質を改善することが必要となる。

 年齢とともに睡眠は変化する。高齢者では一般的に睡眠が浅くなり、中途覚醒や早朝覚醒が増える。睡眠の障害を感じている人の割合は、全体の平均では5人に1人程度だが、高齢者では3人に1人に増加するという調査結果が発表されている。

 睡眠障害の主な症状は、「夜中に何度も目覚める」、「布団に入ってはいるが目覚めている時間が長い」など。睡眠は生活スタイルを改善するだけで、質を高めることができる。睡眠の質を改善するための対策が必要だ。

 睡眠時間が短いと、アルツハイマー病などの認知症の発症が増えることが知られている。アジア人を対象に行われた調査によると、睡眠時間が1時間短いと、認知機能は0.67%低下するという。

睡眠時間が短いと脳が縮んでいく
 シンガポール国立大学医科大学院のジュン ロー氏らは、睡眠時間が短い高齢者では脳の老化が早いという研究結果を発表した。

 研究チームは、55歳以上の健康な中国系シンガポール人66人(平均年齢67歳)を対象に、睡眠と認知機能の関連を調べる研究を行った。2005年から研究をはじめ、2年ごとに脳や認知機能の検査、睡眠時間と睡眠の質についてのアンケートなどを行った。

 被験者にMRI(核磁気共鳴画像)検査も行った。MRI検査を行うと、脳出血・脳梗塞・脳腫瘍などの病気を発見できるのに加え、脳の中の構造や老化の程度を調べることができる。

 その結果、睡眠時間が1時間短いと、脳内にできる隙間が1年ごとに0.59%拡大し、脳が縮んでいくことが判明した。さらに、認知機能は1年ごとに0.67%低下することが明らかになった。

 「睡眠時間が短いと、脳の老化や認知機能の低下に影響することが分かりました。認知機能の低下は、アルツハイマー病などの認知症の発症にもつながります」と、ロー氏は述べている。

睡眠の質が認知能力の低下に影響
 認知脳機能の低下には、睡眠の時間だけでなく、質も影響するという研究を、米カリフォルニア太平洋医療センター研究所が発表した。

 研究チームは、2,822人の男性(平均76歳)を対象に、腕時計型の活動量計を用いて、平均5晩にわたって睡眠データを収集した。さらに、参加者に認知機能を評価するテストも行った。

 その結果、睡眠の質が低いと、実行機能が有意に低下するリスクが40?50%高まることが判明した。実行機能とは、計画、意思決定、間違いの修正、問題解決、抽象的思考などの能力のことだ。

 「歳をとると、認知能力の低下が起こりやすいのですが、睡眠の質が影響することが明らかになりました。認知機能の低下を防ぐためには、質の高い睡眠を確保することが大切です」と、研究者は述べている。

 睡眠に必要な時間は平均すると7時間ほど。睡眠と健康の関連を調査している専門家によれば、十分な睡眠時間を保ち、質を高めるために、次の生活スタイルが役立つという。

Short sleep, aging brain(シンガポール国立大学医科大学院 2014年7月2日)
Poor sleep quality linked to cognitive decline in older men(米国睡眠医学会 2014年3月31日)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート