一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

1回の採血で13種類のがんを診断 次世代のがん診断技術を開発

キーワード: がん

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と国立がん研究センターなどは、血液から乳がんや大腸がんなど13種類のがんを早期発見する診断システムの開発をはじめると発表した。

 国立がん研究センターによると、血液検査での早期発見を目指すのは、胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、大腸がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、乳がん、肉腫、神経膠腫――の13種類。いずれも日本人の罹患者が多かったり、同センターが重点的に研究している疾患だ。

 マイクロRNAとは、血液や唾液、尿などの体液に含まれる小さなRNAで、がんを発症すると血液中で種類や量が変動することが明らかになっている。さらに、こうした血液中のマイクロRNA量は、抗がん剤の感受性の変化や転移、がんの消失などの病態の変化に相関するため、全く新しい疾患マーカーとして期待されている。

 研究では国立がん研究センターなどのバイオバンクに保存されている数十万検体の血清から、疾患の早期発見マーカーや、医療現場で必要とされるさまざまな疾患マーカーの探索を網羅的に行う予定だ。

 日本人に多いがんの種類ごとに5,000人、計6万5,000人分の血液を解析し、がんの目印となるマイクロRNAを特定。数値を解析することで、がんの早期発見につなげる。

 臨床現場で、体液(血清)中のマイクロRNAの抽出から検出までを全自動で、簡便・短時間に行える自動検査システムの開発を目指す。成功すれば、13種類のがん疾患や認知症の有無を1回の採血で診断できるようになる。

 事業には、東レが開発した樹脂製のDNAチップを使用。東芝なども参加し、専用診断機器の開発を進めて産学官連携で、次世代のがん診断技術として開発する。

新エネルギー・産業技術総合開発機構
国立がん研究センター

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典