一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

即席めん中心の食事スタイルが肥満やメタボを増やす

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 「少食」食事は腹7~8分目

 即席めんをよく食べる食事スタイルは、肥満やメタボリックシンドロームを引き起こしやすいという調査結果が発表された。「即席めんを食べるときは、野菜を加えるなどして、食品構成に気を配った方が良い」と専門家はアドバイスしている。
即席めんを週2回以上食べる女性で肥満が増加
 この研究は米国のハーバード公衆衛生大学院やベイラー大学などが発表したもので、調査は1万711人の韓国人を対象に行われた。参加者の年齢は19〜64歳で、54.5%が女性だった。

 研究チームは、食事スタイルを大きく2つに分けて比較した。ひとつは米、野菜を豊富に摂る「伝統的な食事スタイル」、もうひとつは炭水化物と脂肪の多い「ファストフード中心の食事スタイル」。

 手軽においしい食品を利用できることから、即席めんの消費は韓国や中国で増えている。ファスフードでもっとも多く利用されるのは即席めんだという。

 解析した結果、ファストフード中心の食事スタイルをもつ人では、内臓脂肪型肥満が1.41倍に増えることが判明した。悪玉のLDLコレステロール(130mg/dL以上)も1.57倍に増えていた。一方、伝統的な食事スタイルをもつ人では、内臓脂肪型肥満が0.76倍に、高血圧が0.73倍に減っていた。

 もっともメタボリックシンドロームが増えたのは、即席めんを週に2回以上食べる女性で1.68倍に上昇していた。

 最近では、低カロリー・低脂肪の健康志向の即席めんも登場しているが、即席めんの多くは塩分が過剰に含まれている。韓国でもっとも売れている即席めんには、韓国の食事ガイドラインで推奨されている摂取量の90%に相当する塩分が含まれるものがあるという。

 「即席めんを食べるときは、塩などの調味料を少なめにし、野菜を加えてビタミン・ミネラルを補った方が良い。魚を加えれば、体に良いオメガ3脂肪酸を摂ることができる。スープは塩分が多いので、全て飲まないで残した方が良い」と、専門家は指摘している。

 即席めんを食べること自体が悪いというわけではないが、即席めんやファストフードを中心とした食事スタイルは生活習慣病のリスクを高めるので、注意が必要だ。

Instant Noodle Intake and Dietary Patterns Are Associated with Distinct Cardiometabolic Risk Factors in Korea(米国栄養学会 2014年8月1日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート