一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

20分の仮眠が脳を活性化する コーヒーを飲んでから寝ると効果的

キーワード: 三多(多動・多休・多接)

 睡眠不足が続いているとき、20分の仮眠をとると、脳の認知機能が向上する。その場合、仮眠をとる前にコーヒーを飲むと効果的という実験結果が発表された。
15〜20分の短い眠りが集中力を高める
 睡眠不足が続くと、注意力が散漫になり、気力が低下し、その結果、見直しや確認といった無駄な作業が増える。また、思考の柔軟性もなくなり、クリエイティブな思考が難しくなってしまう。

 ウトウトしながら長時間効率の悪い作業をするより、短時間の仮眠で眠気を追い払い、気力を回復して仕事に復帰する方が作業効率は確実にアップする。

 広島大学総合科学研究科の林光緒教授は「職場でも効率的な昼寝は有用」との研究を発表した。「効率的な昼寝」とは15〜20分の短い眠りだ。

 林教授らは、男性の被験者に対し、2桁の数字の計算問題を繰り返し解かせる実験を行った。合間に20分の仮眠をとる場合と、休息のみをとる場合に分けて、それぞれ正答率を比べた。

 その結果、仮眠をとった被験者の正答率は高かったという。20分の仮眠でも、集中力を高めるのに効果であることが明らかになった。仮眠は軽いうたた寝程度でも効果があるという。

仮眠の前にコーヒーを飲むと目覚めがすっきりする
 仮眠をとるときに注意しなければならないのは、30分も眠ると脳が完全に休息してしまうことだ。このとき起きても、脳はなかなか目覚めない。睡眠がまだ浅い段階で目覚めることがポイントだ。

 昼寝後にスッキリ目覚めるためには、寝る前にコーヒーを1杯飲むといい。カフェインをとっておくと、目覚めるころにきき始め、午後の作業効率も上がる。

 英国のラフバラ大学のライナー ラー氏らの実験によると、100mgのカフェインが含まれるコーヒーを飲んで15分〜20分仮眠をとると、脳の認知機能はもっとも高まるという。

 カフェインは摂取後、15〜20分後くらいから血中濃度が増して覚醒効果を発揮する。仮眠の前にコーヒーを飲んでおけば、ちょうど目覚めるころにカフェインが効いてくるので、目覚めがよりすっきりする。

 目覚めた直後は眠っていた影響(睡眠慣性)が残り、コーヒーを飲んでいてもだるさが出ることがあるが、可能であれば軽いストレッチをしたり、また、強い光(太陽光など)を浴びると、交感神経が刺激されて脳が覚醒する。

 コーヒーが苦手な人は、緑茶や紅茶でも同じ効果が期待できる。糖分の摂りすぎを防ぐために、低糖や無加糖のものを選ぼう。

Recuperative Power of a Short Daytime Nap With or Without Stage 2 Sleep(米国睡眠学会 2004年7月)
Top tips for sleep(ラフバラ大学 2014年8月2日)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート