一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病、肥満、がん、認知症のすべてに効果的な「魔法の薬」が判明

キーワード: 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 脂肪肝/NAFLD/NASH がん 「多動」身体を活発に動かす 認知症 身体活動・運動不足

 2型糖尿病や肥満を改善し、がんのリスクも下げる、認知症も予防してくれる。そんな「魔法の薬」がある――それは「1日30分のウォーキングを毎日続けること」だ。
1日30分のウォーキングは「魔法の薬」
 「1日30分のウォーキングは、どんな薬も上回る効果をもたらす"魔法の薬"です。体の老化を防ぎ、2型糖尿病や肥満を改善し、がんを発症する危険性も下げてくれます。そればかりか、認知症も予防してくれ、うつ病も防いでくれます」と、英国のアストン大学ライフサイエンス学部のジェームズ ブラウン博士が、英国科学協会が主催した「科学フェスティバル」で講演した。

 運動にはさまざまな効果がある。運動を続ければ、体力が向上し、疲労しにくい体になる。腰痛のある人でも、適度な運動を続けていれば、改善効果を期待できる。運動によって関節炎の痛みを50%減らせるという研究結果も発表された。

 運動というと、長距離を走るマラソンや、トレッドミルなどの運動機器を使ったランニング、ジムでのウェイトトレーニングを思い浮かべる人が多いかもしれない。「そうした激しい運動を行わなくても、ウォーキングを行うだけで効果を期待できます」と、ブラウン博士は言う。

 「ウォーキングは誰でもどこでも取り組める、もっとも手軽な運動です。そのウォーキングに驚くべき効果があることが、最近の研究で分かってきました」。

 運動機能を維持するために、筋肉や骨・関節と、バランスや反射などを調節する脳神経系との、両方の機能が保たれていることが必要となる。

 これらの機能が低下すると、運動器の障害のために自立度が低下し、介護が必要となる危険性が高い状態であるロコモティブシンドローム(運動器症候群)になりやすい。

 「ウォーキングを続けることで、運動器の障害を減らすことができ、活動的な状態を維持することできます。加齢にともなうさまざまな病気のリスクを減らすことができるのです。1日に30分のウォーキングによって、健康上の特典をすべて手に入れることができます」と、ブラウン博士は強調する。

ウォーキングを続ければ筋力の衰えを防げる
 注意しなければならないのは、歳をとるに伴い、筋力が低下していくことだ。筋力は20〜30歳代をピークに、ふだんの活動量が少ない人ほど低下していく。

 筋力の低下は特に下半身に起こりやすく、関節痛の原因になるほか、転倒を招く危険性もある。ウォーキングを続けて自分の体をしっかり支えられるようになれば、つまずいたときなどにも体を支え、転びにくくなる。

 ブラウン博士らは、脚を負傷しギブスを付けることになった高齢者を対象に、2週間の観察研究を行った。被験者を2つのグループに分け比較した。ひとつは運動をする習慣のない人たち、もうひとつは若い頃から運動を続けていた人たちだった。

 ギブスを付けている間に被験者の脚の筋力は低下していった。ギブスを外してから、筋力トレーニングを行い、筋肉量がどれだけ回復するかをみた。運動をする習慣のある人では筋力の回復が早かったが、運動をしてこなかった人では筋力は元に戻らなかった。

 「若いうちから、ウォーキングを習慣として続けることが重要です。はじめは短い距離を歩くだけでも、続けていれば体力がつき、距離を延ばすことができます。大切なことは、いま運動を始めることなのです」と、ブラウン博士は指摘する。

運動の効果を高める「社会参加」
 ウォーキングによって認知機能が向上し、アルツハイマー病の進行を遅らせることができることも判明した。アストン大学の行った研究によると、運動を続けている人では、認知機能の低下を30%防ぐことができたという。

 また、社会参加は、脳機能を活用し認知機能を維持することに役立つだけでなく、身体活動量を増やし、運動機能を維持することにも効果がある。

 「高齢者の社会参加と体力には密接な関係があります。運動によって社会参加を促すことには、認知機能の衰退を防ぐために強いインパクトがあります」と、ブラウン博士はまとめている。

Scientists discover hormone released after exercise can 'predict' biological age(アストン大学 2014年2月17日)
British Science Festival

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 「多動」身体を活発に動かす

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大

疾患 ▶ 脂肪肝/NAFLD/NASH

2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年08月28日
日本人は肥満ではなくても脂肪肝になりやすい サルコペニア予備群の段階で対策を
2020年08月12日
ウォーキングなどの運動は「魔法の薬」 座ったままの時間を減らすだけでも効果 室内運動もお勧め
2020年08月12日
全国の1万人超の健康診断の受診状況や病気予防への取組みを調査 できない理由は「何をすればよいか分からない・お金がかかる・面倒」
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート