一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ブラジャーの着用で乳がんは増える? 乳がん予防に必要な条件

キーワード: 二少(少食・少酒) がん 「無煙」喫煙は万病の元 三多(多動・多休・多接)

 ブラジャーの着用は乳がんの増加につながらないことが判明した。多くの女性にとって安心感を与える調査結果だ。
ブラジャーの着用時間やパターンも検討
 以前、一部のマスコミで「ブラジャーの着用している女性では、乳がんの発症が増える」と報道されたことがあり、不安に感じている女性は少なくない。今回の研究は、そうした懸念に大きな安心材料を与えるものだ。

 乳がんを発症する女性は、日本を含め世界全体で増加傾向にある。先進国では途上国に比べ、乳がんの発症が多い傾向があり、「日常的にブラジャーを付けている女性が多いことが一因ではないか」と疑問がもたれていた。

 確かに、ワイヤーで胸を持ち上げ、長時間締め付けるブラジャーは、体になんらかの影響をもたらすのではないかと考えがちだ。しかし、今回の研究で、そうした疑問には生物化学的な根拠はないことが明らかになった。

 米フレッドハッチンソンがん研究所の研究チームは、シアトル在住の55〜74歳の女性を対象に調査を行った。乳がんでよくみられる「浸潤性乳管がん」(IDC)454人、「浸潤性小葉がん」(ILC)590人を調査し、乳がんのない女性469人を対照として比較検討した。

 その結果、ブラジャーの着用には、乳がんとは関連性がないという結論が導かれた。1日何時間、週に何日といったブラジャーの着用時間から、着用を始めた年齢、ワイヤー入りなど、ブラジャーの種類などもすべて、乳がんとは関連性がないことが明らかになった。

授乳期間が長いと乳がんを予防できる
 女性にとっては、もうひとつ気になる調査結果も発表されている。それは「女性が授乳することで乳がんを予防できる」というものだ。

 6ヵ月以上の授乳が、非喫煙者である母親の乳がんの予防となる可能性があることがスペインのグラナダ大学によって報告された。

 研究チームは、乳がんと授乳の関連を検討するため、2004〜2009年にサンセシリオ大学病院で乳がんと診断・治療を受けた19〜91歳の504名の女性患者の医療記録を分析した。

 その結果、出産・授乳をした女性は乳がんと診断される年齢が遅くなることが明らかになった。

 さらに6ヵ月以上授乳をした女性は、それよりも授乳期間の短かった女性に比べ、平均して10年遅く乳がんと診断されることが分かった。この傾向は喫煙習慣のない女性でみられた。

 ただし、喫煙習慣のある女性では、6ヵ月以上授乳をしていても、乳がんの予防効果をみられなかった。がんを予防するために必要な条件は、たばこを吸わないことだ。

Bra Wearing Not Associated with Breast Cancer Risk: A Population-Based Case-Control Study(米国がん研究学会 2014年9月5日)
Breastfeeding and the prevention of breast cancer: a retrospective review of clinical histories(Journal of Clinical Nursing 2013年8月13日)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート