一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

睡眠が生活の質を決める 理想的な睡眠時間は何時間?

キーワード: 高血圧 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム 脳梗塞/脳出血 睡眠障害 「多休」休養をしっかりとる 認知症

 睡眠の質を改善すると、仕事の能率が高まり、欠勤も減る。脳の健康のために良好な睡眠が不可欠であることが、最新の研究で明らかになった。
日本人の睡眠時間は足りていない
 仕事が忙しいために、十分な睡眠をとれないと訴える人は多い。睡眠不足が原因で、仕事の能率や生産性の低下を感じている人は少なくないだろう。

 仕事の効率を高めるうえで、質の良い睡眠が大切なことは多くの人が実感している。睡眠時間を見直せば、健康不安がなくなり効率的に仕事をできるようになる可能性がある。

 日本は国民の睡眠時間が世界でもっとも短い国のひとつで、世界の18ヵ国の睡眠時間を比べた経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本人の平均睡眠時間は7.8時間で、最短の韓国に次いで短かった。

 2011年国民健康・栄養調査(厚生労働省)によると、1日の平均睡眠時間は「6時間以上7時間未満」という人が多く、男性の35.5%、女性の37.7%が該当した。

 体の不調を感じていたり、仕事がうまくいかないと悩んでいる人は、自分の睡眠について一度見直してみてはいかがだろうか。

理想的な睡眠時間 男性7.8時間 女性7.6時間
 日本人にとっても気がかりな調査結果がフィンランドから寄せられた。十分な睡眠をとっている人は、仕事の能率が上がり、欠勤も減ることが明らかになった。

 調査に参加したのは、フィンランドの30歳から64歳の男女3,760人。参加者に、睡眠状況について自己申告でアンケートに答えてもらった。また、医師による健康診断を行い、睡眠と健康状態の関連性を調べた。

 その結果、睡眠時間が6時間未満もしくは9時間を超える人たちは、病欠率が高いことが判明した。病欠のリスクがもっとも低かったのは、睡眠時間が男性で7.8時間、女性で7.6時間の人たちだった。

 また寝つきが悪い、夜中に目が覚めてしまう、眠りが浅いといった睡眠障害の症状も、仕事の病欠に影響することが確認された。

 研究者は、もしも従業員の睡眠問題を解決できたなら、フィンランドのビジネスに大きな影響があるだろうと予測している。十分な睡眠をとることで、仕事の欠勤による経済的な損失の28%をカットできると計算している。

睡眠の質が低いと脳が縮小しやすくなる
 睡眠不足が続くと、血圧値や血糖値が上昇しやすくなり、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や心筋梗塞や脳血管障害のリスクが高まる。

 また免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症や、がんの発症も増えることが知られている。

 これらに加えて、睡眠の質が低い状態が続くと脳が縮小しやすくなるという、気になる研究も発表された。

 研究は、オックスフォード大学によるもので、平均年齢54歳のノルウェーの男女147人が参加し、研究開始時と平均3.5年後にMRI(磁気共鳴画像)による脳の検査が行われた。

 その結果、睡眠の質が低い人では、推論や計画、記憶、問題解決に関与する脳の3つの部分に萎縮や変質がみられたという。

 睡眠の質が低い人の脳の縮小は、60歳以上の男性でより強くみられた。過去の研究で、睡眠障害が記憶力低下と脳容積減少に関連することが報告されており、今回の研究はそれを裏付けるものとなった。

 「睡眠によって脳の回復と修復が促されます。睡眠をとるということは、"脳の清掃"を行っているようなものです」と、研究者は述べている。

 「質の悪い睡眠がもたらすさまざまな弊害を断ち切るために、睡眠の質を高めるための対策を施すべきです」とアドバイスしている。

Study links healthy sleep duration to less sick time from work(米国睡眠医学会 2014年9月3日)
Sleep and Sickness Absence: A Nationally Representative Register-Based Follow-Up Study(Sleep 2014年9月1日)
Poor sleep quality is associated with increased cortical atrophy in community-dwelling adults(Neurology 2014年9月9日)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2016年11月02日
世界糖尿病デー(2) テーマは「糖尿病の眼」 糖尿病で失明しないために
2016年11月02日
世界糖尿病デー(1) 発症しても2人に1人が健診を受けていない
2016年10月28日
「肥満症」を治療して、高血圧や糖尿病など健康障害を一気に改善
2016年10月28日
スローカロリーで肥満解消 糖質の吸収を遅らせて血糖値上昇を抑える
2016年10月28日
スローカロリーを楽しく学ぼう! アニメーション動画を公開

疾患 ▶ 高血圧

2016年10月28日
「肥満症」を治療して、高血圧や糖尿病など健康障害を一気に改善
2016年10月28日
スローカロリーで肥満解消 糖質の吸収を遅らせて血糖値上昇を抑える
2016年10月20日
健康教育・保健指導に 「健診・予防3分間ラーニング」DVDを11月に発売
2016年10月19日
日本食の理想形は「1975年型」 4週間食べるとどうなる? 東北大
2016年09月12日
働く女性の更年期 寝る前の10分間の「ヨガ」が症状と抑うつを改善

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2016年10月28日
「肥満症」を治療して、高血圧や糖尿病など健康障害を一気に改善
2016年10月28日
スローカロリーで肥満解消 糖質の吸収を遅らせて血糖値上昇を抑える
2016年10月28日
スローカロリーを楽しく学ぼう! アニメーション動画を公開
2016年10月26日
高カロリー飲料の糖質が肥満や糖尿病の原因 WHOが世界に課税を要請
2016年10月20日
健康教育・保健指導に 「健診・予防3分間ラーニング」DVDを11月に発売

疾患 ▶ 認知症

2016年10月04日
アルツハイマー病を防ぐためにいま必要なこと 5つの方法で対策
2016年09月02日
保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2017年版」の送付申込開始
2016年09月01日
肥満の人は脳の老化が早い 標準体重の人に比べ脳が10年早く老化
2016年08月10日
アルツハイマー病を社会的な交流で防ぐ 「脳年齢」を若く保つ秘訣
2016年07月27日
日本食に認知症を予防する効果 認知症を予防する食事スタイルが判明

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2016年10月28日
「肥満症」を治療して、高血圧や糖尿病など健康障害を一気に改善
2016年10月28日
スローカロリーで肥満解消 糖質の吸収を遅らせて血糖値上昇を抑える
2016年10月20日
健康教育・保健指導に 「健診・予防3分間ラーニング」DVDを11月に発売
2016年10月19日
日本食の理想形は「1975年型」 4週間食べるとどうなる? 東北大
2016年09月02日
保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2017年版」の送付申込開始

疾患 ▶ 睡眠障害

2016年09月02日
保健指導用・健康事業用「教材・備品カタログ2017年版」の送付申込開始
2016年06月29日
見たい医療系動画がすぐに探せる「medoga(メドーガ)」を公開
2015年12月09日
20〜30歳代の7割に睡眠の悩み 半数以上が就寝直前までスマホ
2015年09月04日
健康日本21(第二次)の進捗状況 がん、循環器疾患などに課題
2015年06月25日
夜勤シフトは睡眠障害リスクを上昇 肥満や糖尿病の予防に何が必要?

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2016年10月19日
厚生労働省が「過労死等防止対策白書」を初めて作成
2016年04月28日
地震で不眠が続いている? 睡眠を十分にとるための対処法を公開
2016年03月16日
心筋梗塞や脳卒中の予防に効果的な労働時間 時短でリスクは低下?
2016年03月09日
7割超の事業所で長時間労働や健康障害防止の未実施 厚労省調査
2016年03月01日
健診待合室や社員食堂、休憩室で気づきを伝える 【ポスター】469点
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典
※一般社団法人 日本生活習慣病予防協会と名称の類似した団体がありますが、当協会との関わりは一切ありませんので、ご留意願います。